:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2007年 オクラホマ・シカゴ > アメリカ4日目 その2

アメリカ4日目 その2

ちょっと気持を落ち着かせて
タイラーさんの仕事場へ。
それほど広くは無いものの、復元模型製作のための
スペースがしっかり確保されています。

ここで、タイラーさんが製作中の
某獣脚類の頭骨復元模型を見せて頂いたのですが、
これが見事な出来。
「こんなもの見ちゃったら、
 これが正式に発表されるまで、この恐竜は造れないよ~」
と私が嘆くと、
「既存のあの標本やあの論文参考にした、って
 説明したら良いよ。そうすれば同じ結論に
 なるはずなんだから」
と言い訳の方法まで教えてくれるタイラーさん。

古生物の化石というのは
完全な形で見つかる事はまず無く、様々な部分が
欠けた状態なのが基本です。まず、その化石を
岩石中から取り出した後、欠けた部分を人為的に
補足・修正して、あの博物館等で展示されている
骨格になる訳です。足りない部分は、同じ種類の
動物の他の化石や近縁種を参考にします。
つまり、修復作業を行う人物の知識や技術・
参考にする資料によっては、
同じ化石を使っても大きく形が異なるものに
仕上がってしまうという事なのです。

タイラーさんの上司である古生物学者
ポール・セレノ博士は大学にはおられたものの、
会議中という事でお会い出来ませんでした。
まぁ、私のような半端造形家の為に無理にお時間を
取らせる訳にはいきません。


アメリカ最後の夜はタイラーさん夫妻と夕食のため、
まずはタイラーさんのお宅へ。


続く

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。