:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 学会参加(国内) > 化石研究会 at 東海大学海洋科学博物館

化石研究会 at 東海大学海洋科学博物館

●6月6−7日
東海大学海洋科学博物館で開催の化石研究会
参加して来ました。会場の海洋科学博物館と隣の
自然史博物館は2回目の訪問です(>前回訪問の記事)。

th_DSC00706.jpg
化石研究会では、駿河湾に面する清水市開催だけに、
シンポジウムは深海生物と環境がテーマでした。


th_DSC00707.jpg
メガマウスのオス・メスの剥製が揃った展示は国内初。
様々な分野の方の感想を聞けるのも、こういう集まりの楽しみ。

th_DSC00718.jpg
初日夜の懇親会会場は大水槽前。博物館内の懇親会は海外の
学会では何度も経験していますが、水族館内は初めてでした。

th_sDSC00725.jpg
この日は私の誕生日。
という事で、いつも学会等でお世話になっている
馬場さん(恐竜倶楽部・会報編集長)・高桑先生(群馬県立自然史博物館)と
記念の乾杯。

th_DSC00762.jpg
東海大学海洋科学博物館の隣の自然史博物館。
ディプロドクス全身骨格は国内では珍しいです。

th_DSC00834.jpg
シッポを上げた復元のタルボサウルス骨格は
国内では数少ないはず。開館当初はシッポを引きずった
スタイルでしたが、移転&リニューアル時に修正したのだとか

th_DSC00917.jpg
2日目の発表終了後は、水族館部分のバックヤードと自然史博物館を
解説付きで見学。水族館では、繁殖に力を入れていて、カクレクマノミの
世界初の繁殖他、これまでに数多くの魚の繁殖に成功しているそうです。
また自然史博物館では、今回は展示室のデザインの事や、
展示骨格の由来等、裏話(?)を聞けたのが良かったです。

海洋科学博物館は、立地と研究と展示の連携が良い
大学博物館らしい施設。
自然史博物館は、恐竜はそれぞれの仲間で代表的なものが
ほぼ一通り揃っているのが嬉しいです。

化石研究会は、大きな集まりではありませんが、
その分参加者の皆さんとゆっくりとお話出来るのも良い部分です。
前回前々回と2回連続で講演者としての参加だったので、
久々に一般参加として楽しむ事が出来ました。

Comments

post
2015-06-12 23:08 
安田理香 No.2077
ふらぎさん、今晩は(* ^ー゜)ノ
リンクをさせて頂いたので報告にきました。
イキイキとお仕事されてますね♪
私は洋裁のプロとして頑張っています。

1度、ご挨拶まで。
2015-06-13 07:35 
ふらぎ No.2079 [Edit]
■安田様
コメント,ありがとうございました。
お仕事のほうも順調のようで何よりです。
2015-06-13 20:35 
なおママ No.2080
遅ればせながら❗
お誕生日おめでとうございます♪
いつも充実した日々を送られていますね~
先生の人徳というものですね。

2015-06-15 12:00 
ふらぎ No.2081 [Edit]
■なおママさん
ありがとございます。そちらも息子さんがお誕生日でしたよね。
宜しくお伝え下さい。
こういう集まりの日が誕生日というのは、良い記念になりました。

Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。