:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 博物館・恐竜展 > 北九州市立いのちのたび博物館

北九州市立いのちのたび博物館

北九州市立いのちのたび博物館を見学してきました。
2006年以来の9年ぶり。
2013年に恐竜・古生物展示をメインに大規模リニューアル
されています。

恐竜・北九州1
メインホール。
これだけの数の骨格を上から見下ろせる、という展示は
国内外でもなかなかありません。
一番大きい竜脚類は、ここのメインでもあるセイスモサウルス
(現在はディプロドクスの1種とされていますが)。

ティラノサウルス北九州
リニューアルの目玉・ティラノサウルス”スー”レプリカ全身骨格。
レプリカの常設展示は世界でここだけ。
この展示に尽力された先生に、その経緯もいろいろと伺えました。
レプリカとは言え、凄いモノが日本に来たんだなぁ、と。

北九州.ティラノサウルス.スー.2
シカゴ・フィールド博物館のオリジナルとは、微妙にポーズや
細部の組立が変えられています。

ティラノサウルス.スー.北九州
このアングルの画像は、オリジナルのあるシカゴ・フィールド博物館でも
撮れないはず。
またシカゴのものに比べ、左右の肩幅が狭くなっています。
このあたりはより新しい復元版になっているとも言えます。

北九州.ティラノサウルス.ギガノトサウルス
ティラノサウルス”スタン”とギガノトサウルス。スタンはスーより若干
小さいとは言え、最大の肉食恐竜の候補に挙る2種が並んでいて、
しかも上からも見られるというのはかなり珍しい
(個人的には他に知らない)展示です。


モササウルス.ティロサウルス.北九州
モササウルス類・ティロサウルス。これも国内では珍しいです。


プロトプテルム.ペングンモドキ.北九州
今回の見学の裏本命がコレ。
プロトプテルム類の復元骨格が2タイプというのも、泳いでいる
ポーズというのも他で見た事がありません。

th_DSC00412.jpg
海棲ワニ・ステネオサウルス。
この大きさの海棲ワニの展示は国内では少ないかも。

シーラカンス.北九州.マウソニア
大型シーラカンスのマウソニア。
シーラカンスの立体復元骨格自体が珍しいのですが、
更にこの大きさ。この博物館の研究員でシーラカンスが
専門の薮本先生の監修で製作されたものです。

元々がセイスモサウルスをメインに、恐竜・古生物の展示が
充実していた博物館でしたが、リニューアルで更に展示物は
質・量共に充実。また、ここの魅力は何と言っても
セイスモサウルスが入っても余裕のあるメインホールでしょう。
広々とした空間を行進するように並ぶ数々の骨格は壮観。
それを上からも見下ろせるのも嬉しいです。
この空間は、国内だけではなく海外でも味わえる機会は
少ないように思います。
小倉駅からは在来線で移動ですが、乗車時間も15分ほど、
最寄りのスペースワールド駅からもすぐなので
遠くからでも訪れやすい場所です。

Comments

post
2015-05-24 20:27 
猛勉之瑛 No.2074
  ここのセイスモは頸椎が途中で変な曲がり方をしていますし、トリケラの前肢の復元も「藤原復元」ではありませんが…それを差し引いても九州でも1,2を争う名博物館であるといえます(ちなみに第2位は御船)。夏休みにまた行きたいわ(←カメラなくして写真をパアにした大馬鹿野郎)!!
 僕は恐竜よりもデイプロミスタス以下、北九州の魚化石がここの裏メニューであると確信しております。エンバイラマ館でのCGをよく見ておりますとデイプロミスタスらがメトリオリンクス(?水棲傾向の強いワニとしか言えぬが、はてそんなやつが北九州におったかな?)に追われているところを見ると、思わず感嘆の声を上げてしまいます。
2015-05-25 09:31  Re: タイトルなし
ふらぎ No.2075
■猛勉之瑛 さん

九州は、北九州、御船と立て続けに恐竜展示の充実した
博物館がリニューアルしましたね。どちらも大規模な
リニューアルで是非行かなければと思っていたのですが、
なかなか機会が無く、今回やっと北九州に行けました。


>  北九州の魚化石がここの裏メニューであると確信しております。
博物館開館のキッカケになったデイプロミスタスをメインに、
しっかりとした展示がされていました。小さな化石でも
重要性が大きい事が良く伝わる展示かと思います。
2015-05-26 10:35 
Basilio No.2076
この前も少しお話しましたが、ここはレプリカ含めた古生物展示が非常に素晴らしいですが、それだけではなく魚類の剥製や節足動物の標本がまた素晴らしいですよね^^
ホホジロザメぐらいなら観られる館はいくつかありますが、ウバザメの剥製がある所はそうそうありませんし、アフリカゾウやキリンと並んでも遜色ないサイズのマンボウ(ウシマンボウかな?)も圧巻です。
そして数は必ずしも多くないながらも歴史系の展示でも秀吉や黒田氏の書状やら何やらかなりいいものが並んでいて、再現された民家まであって下手な歴史館より或いは充実してるんじゃないかなと。

自然史博物館として充実している館はいま各地に結構ありますが、総合博物館として九州のみならず国内有数の館ではないかなと思っています。
2015-06-13 07:31 
ふらぎ No.2078 [Edit]
■Basilioさん
今回の記事では割愛していますが、コメントの通り
歴史系の展示も予想外に面白かったです。
全体的に、その分野に興味がそれほど無い人にも
「ちょっとじっくり見てみようかな」と思わせる工夫が
多いように感じました。
展示物一つ一つのクオリティも高い、もしくは他に
無いものが多いです。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。