:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物情報纏め > 恐竜・古生物情報メモ&近況報告.5.28

恐竜・古生物情報メモ&近況報告.5.28

●フォルスラコスやアンダルガロルニス
ディアトリマ(ガストルニス)等が
代表的な所謂「恐鳥」の仲間の新標本・
Llallawavis(ルラッラワビス?)の見事な標本>記事
論文で確認したところ、ほぼ画像の通り前肢の一部、
後肢の末節骨(爪の基部)、尾端骨(尾の最後)以外は
ほとんど完璧なよう。気管と思われる組織も残っているのが
更に凄い。頭高・約1.2mで、恐鳥としては小〜中型くらいかな?
もっと大型の仲間に比べると頭が小さくて華奢な感じですね。

ヒゲクジラの系統、多様性についての論文
系統図見てるだけで勉強になります。
コククジラがこの位置に来るんだなぁ、とか。

モササウルス胎生の証拠?

哺乳類と爬虫類-鳥類は、独自に鼓膜を獲得
 ちょっと難しい内容ですが、哺乳類と爬虫類〜鳥類は
それぞれの進化の中で別々に鼓膜を獲得したという発表。
哺乳類が進化の過程のどのタイミングで鼓膜を獲得したのか、
というのはディメトロドンのような初期の単弓類の復元にも
関わって来ます。

●ステゴサウルスの背中の骨板の雌雄の違い
「恐竜の楽園」での紹介記事
資料となった標本数の少なさ等から、この結果に
疑問の声も上がっていますが、面白い研究かと。
この説に関連した私のツイートの纏めはこちら




・・・・・・・・・・・・・・・・
恐竜・古生物イラストサイト「Extinct Creatures」に
プラティベロドンを更新しました>こちら

少し前になりますが、5月10日は、
きしわだ自然友の会総会記念講演
「軟体部保存化石が物語ること」を聴講して来ました。
化石に残った眼の痕からの眼の構造や能力の類推、脳・神経系の痕からの
澄江やバージェスの動物の系統関係の復元等。自分の不得意分野で、
かついろいろと知りたかった事を纏めて勉強出来た講演でした。
講演との関連の研究
・昨日の講演に関連の研究
 ・アノマロカリス類の脳の痕と現生カギムシとの類似性
 ・カンブリア紀の生物化石から普通は残らない中枢神経系を確認
 ・脊椎動物の視覚の進化に新たな手がかり

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。