:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > その他 > 第二回・たんば恐竜塾

第二回・たんば恐竜塾

12月6−7日
第二回・たんば恐竜塾が開催されました。

6日 13時
丹波竜化石工房・ちーたんの館に講師・参加者が集合。
丹波市恐竜課担当者さんからの簡単な挨拶と
講師紹介の後、館内見学。
th_DSCN9968.jpg
丹波竜ことタンバティタニスの第一発見者の1人・村上茂さんによる解説。

th_DSCF1480.jpg
th_DSCF1486.jpg
タンバティタニス学名発表に合わせた企画展・特別展示も。

丹波竜発掘現場へ移動。
th_DSCF1390.jpg
ここでも村上さんによる解説が続きます。

th_DSCF1436.jpg
丹波竜発掘現場。現在は発掘も終わりコンクリートで
蓋をされ、その上に丹波竜の埋まっていた状態を
イメージした絵が描かれています。

th_DSCF1478.jpg
発掘現場l見学後は、近くの元気村かみくげにて
化石発掘体験コーナー。
丹波竜が発掘された地層の岩石を細かく割り、
化石を探します。
残念ながら今回は化石は見つからず。
寒波で気温も低い中、参加者皆さん集中して
いたせいか、寒さも忘れていたとか。

th_P1000102.jpg
とはいえ、やはり寒いので、早速すぐ側の売店で
恐竜焼きで一休み。

丹波竜化石工房に戻り、
大阪市立自然史博物館・林昭次先生による
最新恐竜講座。
th_DSCN9975.jpg
ヨロイ竜・剣竜類の研究を行われている林先生の
研究成果をメインにお話されました。
また、篠山層群から発見されている化石の世界的な意義と、
ヨロイ竜の更なる発見の可能性にも言及。
その後、参加者との質疑応答が続き、
この後の夕食会で延長戦という事に。

夕食・宿泊は前回に第一回と同じ
丹波市柏原の丹波悠遊の森にて。
夕食の後もコテージにて二次会が続きました。


7日
朝食の後、丹波竜化石工房にて
丹波竜復元ワークショップ。
th_DSCF1521.jpg

th_DSCN9983.jpg
作業の合間に、化石クリーニング用の
エアチゼル使用体験。なかなか貴重な機会。

th_DSCF1550.jpg
骨格復元完成品。
このワークショップは2度目・3度目という方は
敢えて旧復元等に挑戦。
産出状態を作ったのは小学5年生。
前日の村上さんの解説を基に、頭とシッポを近づけ、
未発見の四肢は遠くに流された、もしくは
肉食恐竜に喰いちぎられた、という解釈です。

恐竜塾のプログラムはこれで終了ですが、
この日は丹波竜及び篠山層群の化石を研究している
兵庫県立人と自然の博物館にて展示解説があるとの事で、
そちらに移動。解説に参加し、館内を見学して解散となりました。
th_th_DSCF1587.jpg

今回も関西圏だけでなく、愛知や関東からの参加者もおられ、
中には前回からのリピーターも。
皆さん熱心なだけに、講師の林先生や村上さん、
また参加者同士との交流も活発で、
丹波竜・そして恐竜を楽しみ尽くして頂けたように感じます。
このような企画が実現、しかも第二回まで行えたのは
丹波市・恐竜課の皆さんのサポートあってこそです。
臨機応変の対応や提案、各手配等で、
私の当初の企画以上の内容になりました。
また、その企画をしっかりと楽しんで下さった参加者の皆さんにも
感謝しております。


参加者さんによるレポートはこちら
また、前回の様子はこちら

Comments

post
2014-12-11 10:06 
Basilio No.2050
大盛況だったようで羨ましい限りです!ぎりぎりまで逡巡した挙句懐事情で今回は泣く泣く断念せざるを得ず…次回こそ、次回こそは。。。

産状、小5でしたか!見たものをそのまま活かそうという発想が素晴らしいですね^^
荒バロ風のものも気になっています笑。
2014-12-11 20:59  恐竜塾お疲れさまでした。
第2回恐竜塾お疲れさまでした。

普段聞けない研究のお話や各方面から集まった方々との交流ができて、非常に楽しかったです!

次回も日程が合えば、ぜひ参加させていただきたいと思います!
2014-12-12 11:49 
ふらぎ No.2054 [Edit]
■Basilioさん
今回は残念でした。
前回に続き、今回も参加者の皆さんに盛り上げて頂いた恐竜塾でした。
是非、次回があればご参加を!

産状は、実際の産状を参考にしたというより村上さんの解説を
覚えていて、それを元になのですが、意外に良い再現度になっていて
驚きです。


■ラクティアさん
遠くからの参加、ありがとうございました。
丹波竜を軸にした専門家&恐竜ファンの濃い交流(笑)が
主旨でもあるので、楽しんで頂けて何よりです。
次回も是非! 季節や参加者の面子でまた違うノリが楽しめる
企画に出来ればと思います。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。