:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 海外旅行記 > 2014年 ドイツ > ミニチュア・ワンダーランド

ミニチュア・ワンダーランド

2014年10月31日 
ドイツ・ハンブルグ、ミニチュア・ワンダーランド見学。

th_DSCN0330.jpg
最初は日本のテレビ番組での紹介で知り、「凄いな〜」とは
思っていたのですが、その後この動画を見つけ

こんな動画が撮れるミニチュア、そしてそういうものを作れる
スタッフの熱意に驚き、機会があれば絶対行きたいと思っていたのです。
年間100万人以上の入場者で、日によっては入場に並ぶ、という事も
聞いていたので、事前入場時間指定予約をネットでして行きました。
結局は、この日はそこまでしなくても普通に入れたんですが、
こういった準備があるのは、なんとなくドイツ的な合理性です。

で、結構期待してたんですが、その期待を上回る&少しベクトルのズレた
上回り方をしてくれて、もう楽しかった!。


th_DSCN0551_20141123120521e53.jpg
th_DSCN0541.jpg
th_DSCN0344.jpg

th_DSCN0353.jpg
駐車場。

th_DSCN0355.jpg
奥までちゃんと車や人が配置されています。

th_DSCN0408.jpg
th_DSCN0448.jpg
ジオラマの端に合わせてカットされた車。

th_DSCN0439.jpg
飛行場も

th_DSCN0435.jpg
搭乗口・建物の中まで完璧。

th_DSCN0575.jpg
サッカー場。観客がギッシリ。


th_DSCN0445.jpg
空港の税関で待機中(?)の動物達。
すぐ側の部分の画像を撮ってたら、横のオジサマが
「こっちも面白いぞ!撮っときなさい」と。
そういうやりとりもまた楽しかったです。

th_DSCN0506.jpg
こっそり(でもないけど)あった、世界を裏で操る秘密結社の基地。

その中では、恐るべき陰謀の数々が、、、、

th_DSCN0508.jpg
月面着陸を捏造したり、

th_DSCN0509.jpg
フィラデルフィア実験を行っていたり、

th_sDSCN0507.jpg
エイリアンがナスカの地上絵を解説していたり。

さぞ、殺伐とした組織と思いきや

th_DSCN0514.jpg
ダンスホールもあるし、

th_DSCN0519.jpg
恐竜型潜水艦のドックでは海水浴も出来たりで
福利厚生も充実。

th_DSCN0372.jpg
ミニチュア内を走る&移動する車や飛行機等の管理ルーム。


th_DSCN0527.jpg
th_DSCN0558.jpg
個人的には、もの凄い密度&造り込みの中に
紛れ込まされた「ボケ」を見つけて笑う場所だと思ってます。
なので、笑いのツボが一緒の人と来るのがオススメ。
つか、1人だと結構寂しいぞ(笑)


th_DSCN0499.jpg
館内のレストラン。列車の席を模した客席が良いです。

th_aDSCN9291.jpg
日本語パンフレットの紹介文。
こう書かれては、是非ここでケーキ一切れでも食べたくなるね。

その他、画像をこちらに纏めています。

しばらくして気付いて、ちょっと驚いたのが
ミニチュアは手を伸ばせば子供でも触れるような所にあるのですが、
「触らないで!」的な警告が無い(少なくとも目立たない)事。
確かに、あのミニチュアの世界にスケール感の無い文字があると
雰囲気は台無しではあります。
あとは「壊されたって直しちゃうもんね」的な割り切りがあるのかなぁ、と。

子供達が思いのほか触らない(触ってるのもいたけど)のと、
壊れている部分もほぼ見かけなかったのも印象的。

この施設1つで国民性どうのこうの言うのはナンセンスとは判りつつ、
でもやっぱり「ドイツ人って、、、、、」と思ってしまう場所でした。




とか言いつつも、結局この動画見てもらうのが一番!

Comments

post
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。