:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 講演 > SF大会・なつこん in 筑波

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF大会・なつこん in 筑波

燃えろ! 俺のコスモ!!



前もやったな、コレ。

という訳で、SF大会参加のため久々の筑波。

th_th_P1000033.jpg
筑波だ!

th_DSCN9917.jpg
去年に続きディーラーズルームにも出店。

th_th_P1000029.jpg
今年の「SF古代生物の部屋」出演者の久正人さんの作品を
出版物販売コーナーで発見。SF大会に出演の作家さんの作品を
一通り揃え、名前のポップスタンドまで用意していました(流石)。

th_th_P1000030.jpg
急遽不参加になってしまった渡部先生に代わり、
講演して貰う事になった恐竜研究を専攻中の博士課程・ハットリさんと
「SF古代生物の部屋」企画者のSF作家・富永浩史さん。
二人とも偶然、パイライトスマイルの古生物Tシャツ着用。

今回の「SF古代生物の部屋」は、開会式の後の最初のコマ、
そして次の2コマ・計3時間の増量版。

th_th_IMG_3844.jpg
今回も私はマイク&スクリーン調整を兼ねた前座担当。
むしろ、前座のポジションは他のメンバーには譲らない!

th_th_DSCN9906.jpg
本編最初は安藤さんの発表。ミニなんとかとか言ってたような気がしますが、
ここで書くには余白が狭すぎる。

次は渡部先生の代打で発表のハットリさんによる
恐竜発掘苦労話(講演中の画像撮り忘れました、、、)。 
前日の急遽の代打打診にも関わらず、
しっかり素材を用意し、笑いも取り、専門用語を巧みに平易な
言葉に言い換えて話し、そして時間ピッタリに収める。
なかなか出来る事ではありません。お見事でした。

休憩をはさみ、後半1時間半は久正人さんがメイン!
sth_th_IMG_3849.jpg
th_th_IMG_3850.jpg

th_th_IMG_3866.jpg
富永さんとの熱いディスカッション中。

後半の講演に関しては、久さん他、出演者の了承の上で
参加者の方がこちらに纏めておられます。興味のある方は是非。

初日夜は、「SF古代生物の部屋」出演者+その他で
オフ会「SF古代生物の居酒屋」
sDSCN9914.jpg
aIMG_3876.jpg

翌日(2日目)は、それぞれ思い思いに
分科会企画等に参加。

th_th_DSCN9919.jpg
ポスター発表を解説する安藤さん。
古生物学的視点における進化侵略体の考察等を
発表されていました。

th_DSCN9915.jpg
会場で販売されてました(流石、筑波!)
あまりにそのままで拍子抜けするほど
エビグラタン味でした。

th_th_DSCN9924.jpg
艦長! みんなの心の第七ハッチが開いています!
バスターマーチが始まった頃に周りを見ると
人がめっちゃ増えてる!
「このタイミングでどうやって?」
「ワープですっ!」

th_th_DSCN9921.jpg
鳥取から来たトリピー&リトットちゃん。
「リトットちゃんは、カニの妖精なんですぅ〜」という解説に、
その場に居た人間が一斉に「幼生? ゾエア?メガロパ?」
、、、、、、大人げない。

リトットちゃんが思いのほか可愛いく、またお付きの方との
コンビが絶妙でした。

SF大会も4回目、古生物企画に来て下さる方には顔なじみも増えて来て、
今回はオフ会として飲み会までご一緒出来るようになりました。
大会カタログには「SF大会・定番企画」の欄で紹介されていて、
歴史の長いSF大会ではまだまだ新参企画にも関わらず、
仲間として受け入れて頂けたようで嬉しかったです。
SF大会だからこそ出来るトーク、また参加者さんのリアクションあっての企画で、
参加者の皆さんに育ててもらった企画だと思っています。
来年どうするかは未定ですが、また次回の開催を企てたいと
思っています。

久さんの作品



最近、こんな事もやってたんですね
>「ノブナガンの久正人、中国映画にイラスト提供





Comments

post
2014-07-25 00:06  来年は米子ですね
須田葦也 No.2020
米子はここ数年、DAICONーIIIスタッフ時代の知人が主催する米子映画事変に毎年参加しており、そのつながりで米魂も…と考えてます。
私は行く気満々なんですが、初日正午頃着、最終日正午頃発というトンボ帰りが辛いところです。

行けたら自主企画でまた折り紙教室(過去に三大怪獣地球最大の決戦とエヴァ初号機をやったことがあるのです)でもやろうかと。

またお会いできると良いですね。
2014-07-31 21:25 
ふらぎ No.2023 [Edit]
■須田葦也さん
>初日正午頃着、最終日正午頃発というトンボ帰り
これは辛いですね。移動もですが、分科会も相当な数を
見送らなければなりませんし。
もし折り紙教室を企画するにしても時間決めが難しそうです。
私も来年の事は未定ですが、お会い出来れば良いなと思っております。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。