:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 学会参加(国内) > 日本古生物学会 > 日本古生物学会・2014年年会

日本古生物学会・2014年年会

6月27〜29日に九州大学で開催の
日本古生物学会・2014年年会に参加してきました。

と、学会前日の26日に某研究者さんお二人が我が家へ。
翌日、一緒に会場へ移動するという事だったのですが、、、

BrS_GxJCcAAJev-.jpg
お土産がドリアン!
まさか、あのキング・オブ・フルーツが来るとは。
以前、タイの学会に参加したおりに「ドリアンを食べたい!」と訴えるも
時期が外れており食べられず残念がっていた事を覚えていた
研究者さん・タピオカさんがわざわざ直前のタイ調査の際に
入手して下さったのです、、、、、って、箱やビニール袋で
何重にもくるんでいるにも関わらず、特有の匂いが。

で、タピオカさんが慣れた手つきでバサバサ捌いてくれました。
堪能しました(いろいろと)。

th_DSCN9580.jpg
翌日、早朝に出発、昼過ぎには九州大学着。

今回の出店ブース
th_DSCN9581.jpg
th_DSCN9583.jpg
おかげさまで、丹波竜フィギュアは持ち込んだ分は完売。
元学会会長や恐竜研究者さんも購入、「宣伝しとくよ〜」
と仰って下さったのがありがたかったのです。

th_P1000002.jpg
初日夜の懇親会では、「恐竜・古生物トーク配信」にも
参加して下さった河部壮一郎さん(岐阜県博物館)の論文賞受賞の
挨拶も。河部さんは7月26日には岐阜県博物館にて
講演をされるそうです>詳細

th_P1000005.jpg
二次会は中洲の屋台。

会場で配布のチラシから。
th_P1000009.jpg
葛生化石館の今夏の企画展は単弓類!
葛生化石館は恐らく国内唯一のイノストランケビア骨格の展示が
あるという事で、元々単弓類好きには外せない場所ですが、
ついに小規模とは言え企画展が行われる事に。
チラシを見ながら学芸員さんとも
「やりましたね、、、」「ウチじゃないと、なかなか出来ないでしょう〜」
とニヤニヤしておりました。
私も少し関わっておりますので、宜しくです。

最終日は、研究発表講演終了後の化石友の会企画
「プロフェッ サー前田の超マニアック化石講座」に参加。
想像以上に「超マニアック」で驚きの内容。
といっても、前田先生の解説は決して難しくはなく、むしろ
非常に判りやすく、加えて貴重な標本を惜しげも無く見せて下さり、
濃い時間でした。
化石友の会のイベントが始まってから、学会会場に来られる方の
顔ぶれが随分変わったように思います。
特に以前はまず見られなかった小学生や中学生が
増えたのは嬉しいですし、先生方の話を聞く皆さんの
真剣さ・集中力には感心します。
次回の友の会企画も楽しみです。


Comments

post
2014-07-04 16:05 
猛勉之瑛 No.2014
僕は恐竜倶楽部以外の同好会に入っておりませんので、入ってくる情報も限られています。この古生物学会の講演会は我々一般人も拝聴できるのであればぜひお伺いしたいです。(惜しいかな、日程がいつも合わない…号泣)
 パンテオンでは発表者のリストと日程とが書かれたPDFが掲載されていましたが、「下甑島の恐竜化石」と「長崎県産のハドロサウルス科恐竜」という演目はとても面白そうでした。特に前者は僕にとって、ドラマ「Dr.コトー診療所」(ご存じ…ですよね?)の舞台となった島ということで、一度訪ねてみたいところです。九州というこれほどまでに多彩な化石に恵まれた土地に生まれた僕は、今更ながら幸せ者だと感じずにはいられませんでした。
2014-07-10 21:00  Re: タイトルなし
ふらぎ No.2015
■猛勉之瑛さん
古生物学会の講演聴講は友の会イベントと共に是非
(ちゃんと参加手続き等をされれば大丈夫です。
その辺りは会報編集長にでもお聞き下さい)。
九州は今、恐竜・古生物では何かと話題が多くて良いですね。
私が子供の頃は、なかなか恐竜が見れない地域でもありましたが。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。