:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

新作更新

新作・ディメトロドンギャラリーサイトに更新しました。
Dimetrodon1.jpg
ディメトロドンが出来ると、やっぱりエダフォサウルスも
欲しくなりますねぇ。

Comments

post
2014-06-19 10:22  ディメトロドン
月村 No.2010
完成おめでとうございます。
ディメトロドンでも唇をつけた復元は斬新ですね。口内もとても細かくできていて素晴らしいです。
確かにエダフォサウルス欲しくなってしまいますね。
あの枝帆の復元が徳川氏ならどうなるのか興味津々です^_^
2014-06-23 09:23 
Basilio No.2011
やっぱり定番ものはかっこいいですよね^^

永遠の相方枝帆さんはやはりあの枝をどう考えたらいいのか、折りだすならどうするのかが悩みどころで、どうも重い腰が上がりません。。。
2014-06-23 16:21 
ふらぎ No.2012 [Edit]
■月村さん
ディメトロドンの唇付き復元は、日本では少し前から
図鑑等で見かけますし、海外でも少し前に発表された
研究に添付されたイラストがそうでした
http://phenomena.nationalgeographic.com/2014/02/07/sail-backed-dimetrodon-had-a-nasty-bite/

恐竜やディメトロドンのような単弓類、モササウルス類、
加えて化石種クジラ類まで、絶滅種となると系統を横断して
歯が露出する復元が多かったのが、逆に不思議でもあったりします。

エダフォ>枝帆、学名の由来と言われても信じてしまいそうですね(笑)
2014-06-23 16:26 
ふらぎ No.2013 [Edit]
■Basilioさん
定番なんですけど、ちゃんと表現出来ている作品が
少ないネタのような気がします。首の短い所とか。

枝帆のアレは本当に折り紙には向かないですよね。
個人的には、プロポーションと帆のシルエットで
ディメトロドンとの違いが出せれば十分では、とも思いますが。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。