:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 講演会『恐竜総進撃:モンゴルでの化石の発掘と研究の20年間』

講演会『恐竜総進撃:モンゴルでの化石の発掘と研究の20年間』

●5月11日
きしわだ自然友の会総会記念講演として
『恐竜総進撃:モンゴルでの化石の発掘と研究の20年間』が開催。
講師は、元林原自然科学博物館の渡部真人先生(大阪市立大学)。
渡部先生は、私が原型を担当したタルボサウルス、サウロロフスフィギュアの
監修者
でもあります。

th_DSCN9239.jpg

th_DSCN9240.jpg
モンゴルの極寒の中で食品サンプルのように固まるパスタ。

講演終了後も、質疑応答は続きます。
th_DSCN9251.jpg
恐竜や鳥類等の眼の中にある骨、強膜輪の質問に
図を描いて説明する渡部先生。
私も、強膜輪についてここまで詳細な解説を聞いた事が無く、
勉強になりました。

th_DSCN9255.jpg
渡部先生による
「強膜輪を含む眼球の構造は、”謎の円盤UFO”に似ている」事を
解説するための図。 と、解説しても「なるほど!」とはならないのですが(笑)





Comments

post
2014-05-16 09:56 
Basilio No.1998
うわあああ、最後までいたかったぁ…聞きたかった強膜輪…翌日休み取ればよかったかしら笑。
2014-05-24 18:05 
ふらぎ No.2001 [Edit]
■Basilioさん
講演後のディスカッションは勿論、懇親会も盛り上がってましたよ。
是非、今度はゆっくりした日程でお越し下さい!
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。