:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 恐竜・古生物 > 丹波竜化石工房記者発表&特別展

丹波竜化石工房記者発表&特別展

●3月26日
丹波竜化石工房・ちーたんの館にて
篠山層群復元丹波プロジェクト・全作品完成記者発表に出席。
丹波竜を始め篠山層群より発見された古生物の
骨格・生体復元図を2012年より2年を掛けて小田隆さんが製作。
最後にその総決算としての生態環境図を製作、すべての作品が
完成した事を報告しました。
当社が業務委託を請負い、作品製作スケジュール調整や打ち合わせの
コーディネート等で参画した事業です。

s-P1000485.jpg
このプロジェクトのメイン監修者でもある
三枝春生先生も出席。生態環境図を記者さんに解説中。

主役と言って良い丹波竜はもちろん、他の古生物、
植物・環境まで、それぞれの専門家が参加し、ここまで
綿密に情報交換をし表現されたビジュアルは
国内外でもあまり類例が見られないでしょう。
私は直接作品製作に関わった訳ではありませんが、
作品製作の過程での小田さんと研究者さん達のやりとりを
身近に見聞きする事が出来たのは非常に良い経験になりました。
また、私が製作した丹波竜2013年度版模型丹波竜フィギュア
このプロジェクトから派生した仕事でもあります。
さらに、それらのプロジェクトで製作された作品は
これから様々な企画等にも使用される予定。
ただ作品を造るだけではなく、その作品をどう活用するかまでを
想定したプロジェクトでもあり、
丹波市の丹波竜、そして篠山層群の今後の研究の進展への
意気込みを感じさせるものでした。

今回の記者発表に関するネット記事です。
丹波新聞
朝日新聞
神戸新聞

また、これまでの篠山層群復元丹波プロジェクト関連の
このブログの記事のまとめ
丹波竜フェスタ2012
ひょうご恐竜化石国際シンポジウム その1
ひょうご恐竜化石国際シンポジウム その2
日本古生物学会at兵庫県立人と自然の博物館

・・・・・

丹波竜化石工房では、3月21日-5月18日まで
特別展「竜脚類展」が開催中。

s-DSCN0432.jpg
アマルガサウルス
全体をグルっと回り込んで見れるのが嬉しい。

s-DSCN0420.jpg
カマラサウルス幼体。
このくらいのサイズの竜脚類全身組み立て骨格は、かなり珍しいかと。
加えて、このカマラサウルス骨格は全体の約50%が
本物の化石という貴重なもの。
こちらも360°グルリと回って見れます。
資料用の画像撮影にはこれ以上無い展示です。

s-DSCN0434.jpg
私の竜脚類模型も展示されています。

Comments

post
2014-04-04 18:08 
とうとう完成ですね!あぁ・・・次は記載論文だ・・・

ここまで一貫して科学的なプロセスをきちんと踏んだプロジェクトというのは、世界的にもなかなかないような気がしたりもします。少なくとも、日本ではほぼ初めてのようにも思われたり。マイルストーンというかひとつの理想形というか、今後の研究・活用等における先駆けになってくれればと思います^^
2014-04-05 18:44 
ふらぎ No.1993 [Edit]
■らえらぷすさん
仰る通り、ここまで各専門家が集まり、時間を掛けて
緻密に一つの地域の古生物相をビジュアル化した事は
あまり多くはないと思います。
最後は、地面の色や足跡のつき方までディスカッションして
いたくらいです。
研究者さんとのやりとりは様々な経験がある私も、
「良くここまでやるなぁ、、、」と呆れるくらいのメールの
応酬で。
また、丹波市の担当職員さん達の「良いものを見せたい!」という
想いからの、2年というスパンでのプランニングが良かったのだと
思います。加えて、その製作工程で要所要所で成果を発表し、
それを各イベントと関連付けていく企画力も見事でした。
Comment form
初めての書き込みの方、またアドレス等変更になった方は、
メールアドレスまたはサイトURLをお願いします。
メールアドレスは、コメント表示の際には非表示になります。