:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本古生物学会 in つくば

燃えろ、俺のコスモ・・・

星丸っ!
(つくばに来ると毎回これをやらないと気が済まないらしい)


という訳で、6月26〜28日、つくばで開催の
日本古生物学会に参加して来ました。

11351304_907451582630003_4505061324729429479_n.jpg
物販スペースの当社の出店ブース。
今回は販売なし&見本展示のみ。
私が原型担当し、古生物学会会員の先生方に
監修して頂いたフェバリット社フィギュアをメインに展示しました。

P1000170.jpg
初日の懇親会の様子。

今回の学会での発表ですが、まさか日本の学会でディメトロドンの復元に
関する発表が見られるとは! 高校生のイルカの頭骨&首の化石から
可動域を推測する発表も面白く。比較のために現生のクジラ・イルカの
骨から取ったデータがすごかったです
ティラノサウルスの前肢についての発表は、ティラノだけでなく獣脚類全般の
生態復元にも影響がある内容かと。
インパクトあったのは巨大リクガメ。
「今まで史上最大のリクガメとされた○×の化石は、実は〜で、、、」
「新たな調査により〜が見つかり、、」
「それらから推測されるのが、コレ(画像)です」という展開は、
ちょっと怪獣映画の1シーンみたいでワクワクしました。
学会発表なので、念のため各発表の詳細は控えますが、予稿集には内容が
簡単に纏められていますので。

最終日は化石友の会主催の国立科学博物館収蔵庫ツアー。
私は参加しませんでしたが、普段は入れない収蔵庫を研究者さんの案内で
見学、その後は研究者さんとの交流会まであったそうで、
非常に盛り上がったようです。
私はつくば移転後の国立科学博物館の収蔵庫には入った事がないので、
とても羨ましく。

今回の学会の出店では、当社ブースで展示した私が原型担当したフィギュア商品の
全てに古生物学会会員の監修及び協力が入っている、という事もあってか
「アレやるんだったら、私で良ければ監修しますよ」と言って下さる先生も。
こちらも「そのときは是非ガッツリお願いします」と
以前の学会出店の折にフィギュアを購入された元学会会長の先生も、
「買ったのはウチに飾ってますよ〜」と声を掛けて下さったり。
仕事でご一緒した先生方は勿論、日頃関わりのあまり無い皆さんからの
感想・応援の言葉も、この仕事を続けるモチベーションになっています。


スポンサーサイト

新作・デイノケイルス


新作・デイノケイルスをギャラリーに追加しました。
デイノケイルス

作品詳細はこちら

岐阜県博物館・ヤベオオツノジカ展示

ヤベオオツノジカ1
ヤベオオツノジカ3

岐阜県博物館のヤベオオツノジカの展示に、私の作品の画像を使った
背景パネルが加わりました。
実際の風景に私の作品を合成していますが、その風景写真も
当時の環境と極力違いが少ない場所を選んで撮影しています。
今回使われたヤベオオツノジカは、自分でも気に入っている作品の1つですし、
また日本国内で数多く展示が見られる化石動物の1つでもあるので、
こうして展示に使われるのはとても嬉しいのです。

恐竜・古生物情報メモ&近況報告2015.6.19

●コウモリのように飛ぶ恐竜 新種の化石発見

下半身が見つかっていないのが残念。
腕の皮膜の付き方も論文でも2通りほど推測されていますが、
どちらにしろドラゴン(ワイバーン)感があるデザインが、
いままで古生物にいそうでいなかったデザイン。


●ロンドン自然史博物館の恐竜模型や、ハリーハウゼンの
「恐竜百万年」「恐竜グワンジ」のアニメーション用モデルを制作した、
アーサー・ヘイワードの模型製作動画

「百万年」「グワンジ」の恐竜達は、復元模型としても彫刻としても、
同年代の物の中では出色だと思うんですが、映像用の簡易の
ものとはいえ制作工程を見て納得です。
外見は基本的にはナイトやブリアン制作の復元画ベースですが、
ちゃんと骨格からやってたんですね。


●プロトケラトプスは吻部の形状に雌雄差>論文
フリルの形状に雌雄差が出る、という研究もありますが、
今回はフリルの差は雌雄差ではなく、吻部(鼻)の部分の
高さに差が出ている、という発表>「恐竜の楽園」の解説


●ロンドン・クリスタルパレスの恐竜達(四足&鼻の上にツノ復元のイグアノドン等)を
ドローンで空撮。

恐竜の復元としては最初期のもので、今となってはほぼ通用しないもの
ばかりですが、こうして実物大が森の中に居る映像だと、それなりに
リアルに見えるから不思議です。

化石研究会 at 東海大学海洋科学博物館

●6月6−7日
東海大学海洋科学博物館で開催の化石研究会
参加して来ました。会場の海洋科学博物館と隣の
自然史博物館は2回目の訪問です(>前回訪問の記事)。

th_DSC00706.jpg
化石研究会では、駿河湾に面する清水市開催だけに、
シンポジウムは深海生物と環境がテーマでした。


th_DSC00707.jpg
メガマウスのオス・メスの剥製が揃った展示は国内初。
様々な分野の方の感想を聞けるのも、こういう集まりの楽しみ。

th_DSC00718.jpg
初日夜の懇親会会場は大水槽前。博物館内の懇親会は海外の
学会では何度も経験していますが、水族館内は初めてでした。

th_sDSC00725.jpg
この日は私の誕生日。
という事で、いつも学会等でお世話になっている
馬場さん(恐竜倶楽部・会報編集長)・高桑先生(群馬県立自然史博物館)と
記念の乾杯。

th_DSC00762.jpg
東海大学海洋科学博物館の隣の自然史博物館。
ディプロドクス全身骨格は国内では珍しいです。

th_DSC00834.jpg
シッポを上げた復元のタルボサウルス骨格は
国内では数少ないはず。開館当初はシッポを引きずった
スタイルでしたが、移転&リニューアル時に修正したのだとか

th_DSC00917.jpg
2日目の発表終了後は、水族館部分のバックヤードと自然史博物館を
解説付きで見学。水族館では、繁殖に力を入れていて、カクレクマノミの
世界初の繁殖他、これまでに数多くの魚の繁殖に成功しているそうです。
また自然史博物館では、今回は展示室のデザインの事や、
展示骨格の由来等、裏話(?)を聞けたのが良かったです。

海洋科学博物館は、立地と研究と展示の連携が良い
大学博物館らしい施設。
自然史博物館は、恐竜はそれぞれの仲間で代表的なものが
ほぼ一通り揃っているのが嬉しいです。

化石研究会は、大きな集まりではありませんが、
その分参加者の皆さんとゆっくりとお話出来るのも良い部分です。
前回前々回と2回連続で講演者としての参加だったので、
久々に一般参加として楽しむ事が出来ました。

第二回「海外自然史系施設見学情報交換会」

th_海外自然史博物館2

会場へのアクセス

「海外自然史系施設見学情報交換会」第二回開催です>前回の様子
動物園・水族館・自然史博物館好きが集まって、
気楽に情報交換や感想をお話し出来る場になればと思っています。
海外の施設に言った事は無くても、これから行ってみたい、
またいろいろと施設の魅力を聞いてみたい、という方の参加も歓迎です。

恐竜ワークショップ&出版物のお知らせ

●6月21日 丹波竜化石工房にて
恐竜ワークショップです。私が講師を担当します。
今回はタンバティタニス(丹波竜)骨格復元とフィギュア塗装です。
申し込み等詳細はこちら


●「体のふしぎ」
以前も紹介しましたが、引き続き
ティラノサウルス編、トラ編、どちらも解説本製作に協力しています
(ほとんど裏方としての協力で、作品掲載等は少数なのですが)。



宜しくお願いします。

恐竜復元ワークショップ at 瑞浪市化石博物館

●5月31日
瑞浪市化石博物館にて
「恐竜の模型を作ろう(入門編)」を開催。

前日の夕食会から続けて見学に来てくれた
久正人さんとたむらさんにホワイトボードに
ウェルカムイラストを無茶ぶり。
th_DSCN9716.jpg
中央タイトルと左のイグアノドン旧復元(何故?)が久正人さん、
右のプロトプテルムはたむらさん。

th_DSCN9729.jpg
こちらは午後の授業の時のバージョン。

th_DSCN9730.jpg
まずは瑞浪市化石博物館の学芸員・安藤先生から
プロトプテルム骨格を題材に化石研究の話。

th_20155312.jpg
そして私の出番。
ディノケシにカラー粘土で肉付けをして貰いました。

th_20155315.jpg
th_aDSCN9735.jpg

th_DSCN9728.jpg
th_DSCN9727.jpg


関西での集まり・企画や学会で出会った方も
何組か参加して下さり、瑞浪市化石博物館の中京地区の
化石・古生物ファンへの浸透度の高さが伺えました。
今回は入門編でしたが、11月29日は応用編として
ティラノサウルス全身復元製作の教室を開催予定にしています。
また瑞浪市化石博物館には、その他にも化石採集等の
企画が多く予定されています>2015年度ワークショップスケジュール
そちらも宜しくお願い致します。



古生物復元模型トーク at ビストロ・ラブレ

●5月30日
名古屋・ビストロ・ラブレにて夕食会。

B_P-ZPbVIAAoi67.jpg
という企画のゲストでした。

th_th_CGQx6-bUkAACS7W.jpg

th_a20155302.jpg
私が瑞浪市化石博物館の2011年特別展用に製作した
コペプテリクス(プロトプテルム類)模型と、それを元に
プロトプテルム類の解説をする河部さん(岐阜県博物館)。
河部さんはプロトプテルムの脳の研究を発表されています。

20155305.jpg
私もいろいろ解説中。

th_DSCN9709.jpg
ジャンゴ。久正人さん「ジャバウォッキー」のキャラクター。
本体は私が、銃は久さんが製作。
この作品の実物を見るのは数年ぶり。
いろいろと感慨深い。

th_aDSCN9698.jpg
「ジャバウォッキー」で著者近影として使われた模型&その本人。
これも私が製作しました。

th_DSCN9695.jpg
「横浜の「百頭」のご主人とは知り合いでして。
今日、久さんが来られると聞き、是非これをと、、、、」
と会場のビストロ・ラブレのオーナーシェフが、某所(秘密)で
当日朝に獲れたというダンクレオステウスを久さんに。
どんな味がしたんでしょうか。

・・・・・・・・・・・
自分が主賓の企画という事で
「もし人が集まらなかったらどうしよう」
とハラハラしましたが、結果は満員となりホッとしました。
古生物ファンとアーティスト、また研究者が
これだけ密に話が出来る機会もなかなかありません。
企画に沿ったメニューを次々と繰り出すオーナーシェフの
腕は相変わらず御見事でした。美味しい食事も堪能しました。
参加して下さった皆さん、ありがとうございました。
(安藤さん、たむらさん、画像ありがとうございました)






tsh_th_DSCN9740.jpg
記念の寄せ書きを頂きました。
イラストは久さん。
首から下げてるのがヘノドゥスというチョイスが流石。

というか、「物は言いよう」ならぬ「人は描きよう」で(笑)

名古屋大学博物館

●5月30日
名古屋大学博物館を見学

th_DSCN9669.jpg

th_DSCN9675.jpg
ウミユリ化石。
名古屋大学博物館には、日本古生物学会会長で
ウミユリがご専門の大路先生がおられます。

th_DSCN9676.jpg
エドモントサウルスのボーンベッド状態。
恐竜も多くは有りませんが、貴重なものが展示されています。
去年の大阪市立自然史博物館の特別展「トリケラトプス展」の
監修
を担当され、トリケラトプスの、そして恐竜の前肢の研究で
著名な藤原先生にもご挨拶出来ました。

特別展
「関戸弥太郎と宇宙線望遠鏡」
th_DSCN9673.jpg

th_DSCN9670.jpg
宇宙線望遠鏡模型

宇宙線研究に関しては、流石にしっかりと理解するほどの
知識も無いのですが、望遠鏡ドームの構造や
関戸弥太郎氏の人柄と研究の人生が興味深く。
ちょうど、少し前に同じ名古屋大学に在籍されていた
大沢文夫氏の著書を読んでいた事もあり、なんとなく
戦後の名古屋大学の雰囲気が感じ取れたような気がします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。