:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

海外自然史系施設見学情報交換会

NHFM12.jpg

会場の場所や参加申し込み先についてはこちら


ワンダーフェスティバル2015冬

●2月8日
ワンダーフェスティバル2015冬に出店してきました。

th_P1000129.jpg
私のブース。
ここ最近は、オリジナルガレージキットの販売は無く、
一点物の展示や、今回のように私が原型を担当した商品の
販売が主な内容になっています。
今回は、私が関わった書籍の紹介と、
原型担当のフェバリット社・プレヒストリック ライフシリーズ
販売がメイン。

th_CIMG4281.jpg
中国若手造形作家の出店ブースに、以前台北で会った
上海の造形作家・周世懿さんの作品が。
そして会場には、その周さんの作品の塗装を主に手がけていてる
中国では有名な模型彩色師・張さんが居られました。

sCIMG4283.jpg
周さん原型、張さん塗装の作品。

sCIMG4284.jpg
お腹側。

th_CIMG4289.jpg
製作中の作品。
最終的には箱の上まで水(透明樹脂)が来るとの事。
紐は各造形物の配置決めのためでしょうか?

th_CIMG4287.jpg
これは周さんオリジナルデザインの魚。
造形・塗装共に周さんによるもの。

th_10982493_873855089327312_5853284937588010311_n.jpg
張さん(左)と、アクアプラント・守亜さん(右)と
私が製作監修のダンクレオステルスアノマロカリス
ビニールモデル
で「獲ったど」記念撮影。
まず張さんが守亜さんを見つけ、で守亜さんが
張さんを連れてウチのブースに遊びに来てくれた、という次第。
それが無ければ、広い会場で中国作家ブースも張さんも
見つけられなかったかも、なのです。

日本古生物学会 at 豊橋市自然史博物館

●1月30日〜2月1日まで開催の日本古生物学会に
参加してきました。

th_DSCN9218.jpg

th_DSCN9217.jpg
今回は物販ブースのRC GEARさんのブースに居候で
当社の関わった商品や書籍を置かせてもらいました。

博物館ショップで買った古生物スケルトンのオモチャを

th_DSCN9227.jpg
マンモスはゾウの専門家に(最近はクマの人っぽいですが)、

th_DSCN9231.jpg
スミロドンは食肉類の専門家に組ませて、いや組んで頂き
それぞれ感想を聞いたり。

th_IMG_5177.jpg
そして、新規ワークショップ開発会議中。

th_P1000122.jpg
最終日の各賞の授賞式。


ここ2〜3回、古生物学会に化石友の会会員として参加する
小、中、高校生がチラホラ。
私よりずっと真面目に口頭発表を聞き、ポスター発表を
見ている姿に毎回驚きます。「来たからには見る・聴く事に妥協しない」という
静かな覚悟が見えるというか。その覚悟が故か、立ち振る舞いもしっかりしていて、
本当に感心しました。
数回前(かな?)から始められた、高校生のポスター発表も
発表数が増えて来ました。
専門家達の前でしっかりと説明出来る高校生の皆さんにも
驚かされます。
学会参加し始めの頃は、自分にとっては雲の上の存在である
研究者の皆さんの集まる場にいる事に緊張し、また学ぶ事も多かったのですが、
ここ最近は自分よりずっと年下の参加者の真剣な姿を見て、
改めて初心に帰る事の出来る機会にもなっています。

ワンダーフェスティバル、出店します。

●2月8日のワンダーフェスティバルに出店します。
ディーラー名は「エルステッド&Fragi-ragi」
卓番号は卓番号は7-04-03。

売り物は私が原型を担当したフェバリット社プレヒストリック ライフシリーズ
どれも一般商品なので、イベント用の新作や当日限定的な物は無し。
なので、ご来場の方は会場の他のディーラーさんでお目当てのモノを確保の上、
一息休憩ついでに遊びに来て頂ければ。