:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波竜フェスタ2013

●11月23日
 兵庫県丹波市にて丹波竜フェスタ開催

s-CIMG3132.jpg
今年で3回目の丹波竜フェスタ。
過去2回は雨に降られてしまいましたが、
今回は終日好天。
講演や各種ワークショップ等に加え、
地元の名産品などの屋台も出ます。

s-CIMG3137.jpg
s-CIMG3133.jpg
丹波竜化石工房の通りに面した壁に丹波竜頭部模型が新設、
この日に公開されました。
あくまで工房の目印で、復元模型という意味での造形ではないですが
(実物より大きいし)、形状としては私が制作した1/10模型
ベースになっています

s-CIMG3108.jpg
s-CIMG3114.jpg
午前中は、講演会「恐竜発掘最前線」
丹波竜の発掘・研究を指揮する三枝春生氏(兵庫県立人と自然の博物館)、
福井県立恐竜博物館・宮田和周氏、今年恐竜化石が発見された穂別博物館
櫻井和彦氏による講演。
特に穂別の恐竜発掘については地元以外での講演は
これが最初だったとか。

s-CIMG3126.jpg
昼食に出された丹波竜弁当。

s-CIMG3127.jpg
s-CIMG3130.jpg
商品開発中の丹波竜フィギュア
サンプル展示と開発工程の紹介コーナー。
原型製作は、私が担当しています。

s-CIMG3138.jpg
ss-CIMG3139.jpg
午後は各種ワークショップ。
恐竜復元ワークショップを私が、
琥珀ワークショップを当社の荻野が講師を担当しました。


この日は、丹波竜化石工房の秋冬期特別展
「羽毛を持った恐竜たち」の初日でもありました。
kikakuten-25autumn(1).jpg

s-CIMG3141.jpg
丹波竜化石工房所蔵のファルカリウスと
福井県立恐竜博物館からやってきたアルシャサウルスの
テリジノサウルス類2種が並べられて展示されています。

s-CIMG3148.jpg
こちらは、丹波竜化石工房に新登場のデイノニクスに
兵庫県立人と自然の博物館所蔵のベロキラプトル。
こちらも近縁種を比較出来るように並べられています。

丹波竜フェスタに関しては、こちらの記事も。


スポンサーサイト

聖地巡礼(ロス番外編)

今回のロサンゼルス滞在は、私とっては
まさに「聖地巡礼」でもありました。

あの映画が無ければ、
今まで物を造る事を続けていなかったでしょう。
本当に何度励まされた事か。
ましてや、好きな事を仕事にし、その関係で
ロサンゼルスに来る事になるとは!

高校の時に、あの映画を私に勧めて、また一緒に
見た友人達とは、今でも機会を見つけては集まっています。
その友人達にも、これまで何度助けられた事か。
バイブルと親友を一度に貰ったようなものです。

まぁ、あの映画を見ちゃったから、
今まで諦めずに続けてしまった、とも言えますが。


今回、撮影場所を巡ったりは出来ませんでしたが
(時間と体力の余裕が、、、、)、
あの舞台、そしてご本人もまだ住んでおられるという
この場所の同じ空の下に立てただけで感無量でした。
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
ということで、これが今回出来た精一杯

sw-R1011039.jpg
ありがとう、緑の魔法使い

SVP・古脊椎動物学会2013 その3

s-R1010844.jpg
魚竜研究では世界的権威の藻谷亮介さんと。
藻谷さんとは、今年制作したウタツサウルス復元模型
監修を担当して頂きました。
その報告と共に記念撮影。

s-R1010846.jpg
茨城県自然博物館の国府田良樹さん。
私が博物館展示用の模型製作を始めるきっかけを
与えて下さった方なのです。
今回は茨城県で発見された化石象・ステゴロフォドン頭骨を発表。

s-R1010847.jpg
そして、なぜか会場でたい焼きを配る国府田さん。
久々のあんこが美味しかったです。


●11月3日 
SVP最終日。

s-CIMG2841.jpg
今回、何かとお世話になった平山廉さんの発表。

s-CIMG2844.jpg
ドイツ訪問の際、ベルリンでお世話になった
ハインリヒ・マリソンさん
とドレパノサウルス。
後ろにいるのは、恐竜骨格図イラストで有名な
スコット・ハートマンさん

最終日の夜は夕食会&授賞式
s-CIMG2859.jpg
s-CIMG2853.jpg
日本人研究者さんのテーブルに御一緒させて
頂きました。

食事の後は授賞式。

今年逝去されたレイ・ハリーハウゼン氏への追悼が。
s-CIMG2863.jpg

s-CIMG2867.jpg
そして、「グワンジ」のあの名シーンが上映。

s-CIMG2881.jpg
ロサンゼルス開催を記念して、という事なのか
多くの恐竜研究者を生み出すきっかけになり、
またその他の面でも研究の世界に大きな貢献をした
「ジュラシック・パーク」を制作という事で
スティーブン・スピルバーグ氏も受賞
(流石に本人は来ませんでしたが)。

s-CIMG2889.jpg
そして、こちらもあの名シーンが。
世界中の研究者と一緒にこのシーンを観れる、という
なんとも豪華で貴重な経験。
ですが、やっぱり世代的にはハリーハウゼン氏追悼と
グワンジ鑑賞のほうがよりグッと来ました。

恐竜・古生物アーティストに与えられるランツェンドルフ賞。
今年の3D部門は
s-CIMG2877.jpg
マーク・バリルさん。
ロス自然史で声を掛けてくださった方の一人。

s-CIMG2874.jpg
2D部門、サイエンティフィックイラストレーション部門は
ダビッド・ボナドンナさんが2冠。

s-CIMG2918.jpg
SVPでの最高の賞であるローマー・シンプソン賞には
ジャック・ホーナー氏。

そして、学生によるポスター発表に与えられる
コルバート賞は今年も日本人!
s-CIMG2910.jpg
カルガリー大学の田中康平さんが受賞です。
コルバート賞が2008年に始まってから
これまで6回中5回は日本人が受賞という
ほぼ独占状態。日本の若い人達は凄い!

授賞式の後は、真夜中までの打ち上げパーティ。
s-CIMG2954.jpg
s-CIMG2965.jpg

「ドレパノサウルスと一緒」
s-CIMG2937.jpg
今年のランツェンドルフ賞2冠のボナドンナさん

s-CIMG2938.jpg
ジム・カークランドさんと、通りすがりにドレパノサウルスを
撫でに来たトーマス・ホルツさん。

s-CIMG2930.jpg
なんとなく集まってくれた皆さん。

という事で、「ドレパノサウルスと一緒」画像一覧>こちら
自分で言うのも何ですが、結構凄い面子です!

翌日も、もう一日ロスに滞在だったので、
再度ロス郡立自然史博物館に行き、撮り忘れの画像の撮影の後、
のんびり展示見学。
夜はオプションツアーから戻られた研究者の皆さんと
夕食をご一緒。
翌日、帰国しました。

SVP参加では毎回の事ですが、現地では本当に日本人研究者、
学生の皆さんにはお世話になりっぱなしです。
一方で、日本人研究者の活躍が年々世界に浸透している事も
実感します。ベテラン勢だけでなく、学生さんが何気に紹介してくださるのが
その分野の大権威、という事も多いですし、
逆に海外のアーティストや研究者さんから「日本のダレソレは知ってるか?」
と聞かれる事も。
これからの日本人発の研究が、ますます楽しみになっています。


s-R1010802.jpg
そして、来年の開催地はドイツ・ベルリン!
こんなに「来年が楽しみ!」という声を何度も会場で
聞いた開催地は今まで無いかも。
来年も参加出来るよう、また何か驚かせるようなネタが用意出来るよう
1年頑張りたいです。

s-CIMG3067.jpg
最後に、ロス滞在日程が全く一緒で、かつホテルも同室だった
平山廉さんとロスの空港で。
ロス自然史博ではバックヤードに連れていって下さったり、
学会中の夜はその日の発表の内容の解説をして下さったりと、
大変お世話になりました。
化石カメ研究の分野では「世界の平山」ですから、
そんな先生といろいろご一緒出来るのは、
本当に心強いのです。

ワニ、無事到着して良かったです(笑)。

SVP・古脊椎動物学会2013 その2

CIMG2712.jpg
学会会場より。
平山廉さんに声を掛けるポール・セレノさん(ブレちゃってますが)。
若いの頃、同じ研究室にいた仲で、今でもこうして
学会で会うと必ず挨拶するのだとか。

●10月31日
この日はハロウィン。
街中は勿論、SVP会場内にもハロウィン仕様の
姿の方がチラホラ。

この日の夜は、現地在住の研究者さん主催で
SVP参加のアーティストを招待したパーティ。
会場は、その主催研究者さんお自宅。
いわゆるホームパーティです。
小田隆さん、平山廉さんと共に参加。
s-CIMG2774.jpg
床に広げられた大きな紙に、参加者が落書き中。
この落書きは翌日のオークションに出品される事に。
私もウタツサウルスを描いたのですが、
ちょっと構図をミスってシッポの曲がりがキツめに。
と、まわりから「そんなにシッポ、曲がってないぞ~」と
総ツッコミ(笑)。流石はSVPに参加するアーティストだけあります。

s-CIMG2762.jpg
飼われていたマタマタを囲む参加者。
もちろん平山さんもいます。

s-CIMG2772.jpg
恐竜キャンドルの乗ったケーキ。

s-CIMG2778.jpg
壁に架けられた作品。
主催者さんのコレクションです。


s-CIMG2770qw.jpg
会場の様子。
20人近くが集まり、最近の活動などの情報交換。
学会会場では慌しい事も多いので、アーティスト同士で
ゆっくりと話が出きる貴重な機会になりました。

●11月1日

s-qCIMG2799.jpg
学会会場にて。
左からウィリアム・スタウトさん
ルイス V・レイさんマウリシオ・アントンさん
ルイス V・レイさんは今回会場に出展、作品が
使われた本や作品のコピーを販売されていたので、
会期中は自然とアーティストの集まる場所に。
マウリシオ・アントンさんは、私が会いたいと思っていた
古生物アーティストの一人。今回、初めて会う事が出来ました。
化石哺乳類のイラストを多数発表されています。

この日の夜は恒例のオークション。
サイレントオークション、ライブオークションの2部構成なのですが、
今年はサイレントのほうの画像を撮り忘れてしまったので、
過去の様子をコチラから。

ライブオークションの恒例のコスプレは、
ハロウィン&ロサンゼルスらしいネタ。
s-CIMG2807.jpg

「ドレパノサウルスと一緒」着実に進んでいます。
ss-R1010994.jpg
ジェームス・カークランドさん

ss-CIMG2745.jpg
ダレン・ネイッシュさん

ss-CIMG2717.jpg
ルイス V・レイさん

ss-CIMG2727.jpg
トーマス・ホルツさん

画像はその一部。後日纏めて紹介予定。


ルイス V・レイさん&トーマス・ホルツさんの著作


マウリシオ・アントンさん関連書籍


ウィリアム・スタウトさん著作


ダレン・ネイシュさん著作



丹波竜フェスタ&恐竜復元教室at瑞浪市化石博物館

●11月23日
 兵庫県丹波市にて「丹波竜フェスタ」が開催。
ティラノサウルス頭部復元模型製作の講師として
私も参加します。

講演「研究者が語る最新国内化石発掘・恐竜発掘最前線」
では、丹波・篠山の恐竜発掘を指揮する三枝先生、
福井県立恐竜博物館の宮田先生に加え、
今年の夏、非常に状態のよい恐竜化石が発掘された事で
一躍脚光を浴びた北海道・穂別博物館の櫻井先生も
講演をされます。
穂別の恐竜化石に関して、地元以外での講演は
今回が初めてかと思われます。

また、当日は丹波竜化石工房の特別展
「羽毛を持った恐竜たち」の初日でもあります。
s-kikakuten-25autumn(1).jpg
私の作品も数点展示されます。
こちらも是非!



●12月1日
岐阜県・瑞浪市化石博物館にて開催の
「恐竜の模型を作ろう!」の講師を務めます。
内容は、ディノケシ・ティラノサウルス頭骨への
粘土による肉付けです。
瑞浪市化石博物館では、特別展
「ホタテガイとその仲間たち
 -化石からみるホタテガイの歴史-」
も開催中です。


SVP・古脊椎動物学会2013 その1

●10月30日
 今年のSVP・古脊椎動物学会の初日です。
s-qCIMG2752.jpg

会期中、約700のポスター&口頭発表が行われます。
ですが、毎年の事ですが発表に関しては、このブログでは
基本的には言及しません。
学会発表は論文になる前の事ですので、各発表によって
公表の可・不可が違う事。また、研究者では無い私では、
英語力の問題もあり、発表内容を正確に把握出来ているという
確証が無いためです。
発表に関する質問にもお答え出来ません。
以上の点、ご了承を。

s-R1010823.jpg
会場には、博物館展示業者から化石クリーニングツール、
アーティスト等、様々な出店もあります。

s-R1010813.jpg
天井の高さが足りず、頭が取り外されてしまった
ショートフェイスベア。

s-R1010820.jpg
s-R1010821.jpg
こちらは毎回お馴染みの古書店。
古脊椎動物に関する古今東西の論文から一般書まで扱われています。
「恐竜」「哺乳類」「海棲哺乳類」「原始的な爬虫類」など、
細かく分野別けして並べられているのが助かります。

s-R1010827.jpg
人体骨格模型に粘土で肉付けする教材。
早速、小田隆さんが遊んで(?)ます。
ネットでは以前から見ていましたが、実物を見るのは初めて。
作業に耐えられるよう、かなりしっかりとした造り。
s-R1010837.jpg
人体以外にも馬等の動物もあります。

初日夜は、恒例のウエルカム・レセプション。
今回の会場はロサンゼルス郡立自然史博物館
s-R1010861.jpg
s-R1010863_20131112190924b0c.jpg

s-R1010873.jpg
すでに盛り上がっている会場に入ると、
いきなり仔ティラノサウルスの出迎え。

s-1382840_10200828688785063_1445619867_n[1]
(平山さん撮影)

s-DSC_0281.jpg
(丸山さん撮影)
トリケラトプスも。
頭の形状・角の向きが、仔トリケラトプスの化石
ちゃんと反映しているのが芸細。

s-R1010890.jpg
エントランスホール。
ここは飲食OK(もちろん特別に、ですが)。
お酒を片手に、そしてティラノとトリケラを話のツマミに、
という贅沢な光景。

恐竜・化石哺乳類ホールは流石に飲食不可。
s-R1010904.jpg
s-R1010917.jpg

s-R1010908.jpg
ティラノ親子3代の全身骨格のベースにもなった頭骨(実物)
そして、それを見ているのはグレゴリー・ポールさん
(画像撮ってから気づいた)

s-R1010977.jpg
プラテカルプス実物化石展示を、件の論文発表の一人・
小西さん(アルバータ大)による解説で見学中。
なんとも豪華な解説者。

・・・・

この日、ドレパノサウルスの新標本についての口頭発表があり、
その発表スライドに私のドレパノサウルスの画像が
使用されました。そこで、その発表をされたダン・チューレ氏&奥様と
レセプション会場にて記念撮影。
s-R1010991.jpg


と、そこへ通りかかった方が作品に気がつき、
声を掛けてくださり、、、
s-R1010988.jpg
王立オンタリオ博物館のアーティスト、
ダニエレ・デュファウルトさん

さらに、またいろいろ集まって来たり。

s-DSC_0288.jpg
実物大サルコスクスや、先日発表された新種の
ティラノサウルス科ライスロナックスの頭部復元模型を制作した
ゲイリー・スターブ氏(左)とマット・セレスキー氏。

これをきっかけに、会期中沢山の方と
ドレパノサウルスと一緒に画像を撮って頂く事に。
その画像は、後日纏めてご紹介する予定。

SVP編、続く。

ペイジ博物館

ペイジ博物館
s-CIMG2704_20131109214720868.jpg
s-R1010325_20131109214723a40.jpg
s-R1010331.jpg
ランチョ・ラ・ブレアのタールピットから発見された
化石を研究、展示する博物館。
化石・古生物の施設としては世界的にも有名な場所です。
特に、スミロドン、ダイアウルフに関しては見つかった標本の数、
保存状態から言って聖地といっていい場所でしょう。

s-R1010340.jpg
展示室の最初は地上性大型ナマケモノの1種、
グロッソテリウムがお出迎え。

s-R1010719.jpg
s-R1010345.jpg
s-R1010698.jpg



s-R1010392.jpg
スミロドン
俗に「サーベルタイガー」=「剣歯トラ」と言われる事が多いのですが、
ネコ科ではあるものの、トラやライオンなどの属する
パンテラ属とは別属。なので、専門書等では
「セイバートゥース"キャット"」つまり「剣歯猫」
と呼ばれるのが一般的。
この博物館でも「セイバートゥースキャット」表記でした。

s-R1010371.jpg
アメリカマストドン親子

s-R1010462.jpg
コロンビアマンモス。
マンモスの仲間では最大種。
マンモスというと一般的にイメージされる
ケマンモスよりも大型で、恐らく毛もあまり長くは
無かったとされます。

s-R1010605.jpg
パンテラ・アトロックス(アメリカライオン) 
個人的にここの博物館のお気に入り。
博物館の表記にはジャイアント・ジャガーと
ありましたが、一般的にはアメリカライオンと
呼ばれています。
ジャガーもライオンも同じパンテラ属。
現生で北米に生息するパンテラ属がジャガーなので、
それでジャイアント・ジャガーとされたのかも?
最初に眼に入った時の印象は「デカイ!」
後ろにいるスミロドンと比べてもずっと大きい。
凛々しい組み立てポーズも相まって、存在感があります。

s-R1010649.jpg
プレパレータールーム。
いわゆる「手打ちうどん(by新谷さん)」コーナー

s-R1010642.jpg
マンモス&スミロドン折り紙





s-R1010556.jpg
ダイアウルフ全身骨格&復元模型

s-R1010603.jpg
そして、この博物館の象徴とも言うべき
ダイアウルフ頭骨×400!
ダイアウルフだけで3000体以上の標本が見つかっている
この地ならではの展示。

s-R1010346.jpg
チャールズ R.ナイト氏の壁画

s-R1010518.jpg
こちらは、マーク・ハレット氏のイラスト

鳥類化石
s-R1010520.jpg
s-R1010528.jpg
骨格の後ろに、ほぼ同じポーズのイラストが配置されています。

s-R1010708.jpg
博物館の中庭(?)
この庭を囲むように展示室があり、緑を通しての採光による
展示室内は、落ち着いた明るさ。
建物としての造りと魅力は、今まで訪れた博物館の中でも
一番かも。
s-R1010715.jpg



ミュージアムショップ。
s-R1010790.jpg
s-R1010768.jpg

s-R1010784.jpg
ロス郡立自然史博には無かったマンモスクッションが!

s-R1010789_20131111135823a61.jpg
モーラー現役。

前日に訪れたロス郡立自然史博と同様に、こちらも品揃え豊富。
こちらでもかなりの買物をしてしまい、ロス滞在序盤にして
帰りの荷物が心配に、、、、。

流石は世界に聞こえたランチョ・ラ・ブレア・タールピットと
驚かずにはおれない見事な保存状態の標本の数々。
同種の動物の標本が多いというのは、
研究の上では非常に大きな価値になりますし、それがこの
保存状態というのは、実際に見てもピンとこない感覚さえあります。
それがまた、大都市のど真ん中にあるのですから。



s-R1010447.jpg
でも、一番驚いたのは「犬」がいた事。

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

ロサンゼルス郡立自然史博物館 その4

ロサンゼルス郡立自然史博物館紹介 最終回
前回はこちら


s-R1011301_201311091227405bd.jpg
体験コーナー(?)入り口で、
毛皮を手に待ち受けるスタッフ。

s-R1011306.jpg
こういうの、どっかで見たなぁと思ったら
タイガーマスクの「虎の穴」だ。
ここは自然科学体験地獄!(<そんな危険なところじゃないです)


ミュージアムショップ。ここはメインのショップ。
この他に館内に2箇所、小規模のショップがあるのですが、
微妙に品揃えが違うので油断出来ない。
s-R1010240_201311091227398a0.jpg
s-R1010301.jpg
s-R1010300_201311091228279df.jpg

s-R1010297.jpg
入り口の目立つところにフェバリット社の
商品が並んでいます。

s-R1010277_20131109122822444.jpg
スミロドン(サーベルタイガー)クッションの購入を迷う
某古生物研究者。

s-R1010293.jpg
ティラノサウルス孫の手!
2本の指の長さの違いが再現されています。

s-R1010288.jpg
s-R1010290.jpg
オリジナルTシャツのバリエーションが
結構多かったような、、、。

s-R1010283.jpg
頭部、背中に背負って着用のプテラノドン、
パジャマ、スリッパなどなど。

s-R1010279.jpg
そして、フル武装!
戦隊モノのロボットを彷彿。

s-R1011519.jpg
こちらは、恐竜ホールにある恐竜グッズ専門のショップ。

今まで訪れたアメリカの博物館のショップの中でも
品揃えのバラエティと面白さではトップクラスかも。
普段はあまり買物しないのですが、今回は結構な量を購入。

ニューヨークのアメリカ自然史博やフィールド博物館等に
比べれば規模は小さめ(とはいえ大きいけど)ではありますが、
展示物のレベルの高さと見せ方の上手さ、キャプションの量と
内容の充実度もあり、恐竜・古生物関係だけでも1日では見終わらない、
というか、じっくり見ようとすると体力と集中力がもちません。
結局、画像撮影と展示を見ることに時間と体力を費やし、
キャプションは全部は見れなかったです(英語ですしね)。

s-CIMG2655.jpg
s-CIMG2650.jpg
メトロの駅と博物館の間のバラ園が綺麗でした。

(ロス編、続く)

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

ロサンゼルス郡立自然史博物館 その3

前回前々回に続きロス郡立自然史博物館の紹介

s-R1009601.jpg
剥製ホール。この大きさのホールが2つあります。

s-R1010264.jpg
アフリカのジオラマ

s-CIMG3027.jpg
ライオン。仰向けポーズは人気があるようで、
ポストカードにもなってました。

s-CIMG3036.jpg
オカピ

s-R1010235.jpg
顔が向こう向いてる(笑)

s-R1010232.jpg
ピューマ。親の尻尾で遊んでます。

s-R1010209.jpg
コヨーテの子供。
全体的に子供の描写が細かいような気が。


古生物ホールに戻って、
ここの展示で個人的ツボだったのが
s-R1010157.jpg
プロトサウルス。
最初に遠目で見たときは
「大型モササウルスか。やっぱティロサウルスかなぁ」
と思って近づくと、頭部形状が違う。もしやと思って
キャプションみて「うおー! プロトだー!」
妙に気になるモササウルス類で、
一度全身骨格が見てみたかったんですよね。


そして、ここの古生物展示といえばすでに紹介した
ティラノサウルス親子3世代展示が一般的には目玉かと
思いますが、ならばこの2つは裏目玉、というか
むしろこちらが表目玉と言って良いかと思われます。

s-R1009605.jpg
一つ目は、この首長竜・ポリコティルス。
頭部~首は復元ですが、他の部位はほぼ実物化石。
お腹の部分に赤ちゃんと思われる化石があり
首長竜胎生説を実証した歴史的な標本です。
まさか、その実物を展示にしてしまうとは!

s-R1011269_20131107133420f8f.jpg
もう一つは、このプラテカルプス
これも実物化石を展示!
モササウルス類の復元を大きく変えた、これも
歴史的な標本の一つと言って良いでしょう。
オビレのある復元の元になったシッポの保存状態だけでなく、
鱗の痕やノドの気管の痕まで判る、見事な保存状態。
s-R1009679.jpg

この2つの標本だけでも、海棲爬虫類好きなら
この博物館を訪れる価値は十分でしょう。
もちろん他の展示も素晴らしいですし、
恐竜に関しては、それまで所蔵していた大物標本の
相当数をリニューアル時に展示に回したとか。
また、キャプション、映像展示の情報の新しさ&量は
圧倒的。解説をしっかり読めば、それだけで現時点での
最新情報がほぼ把握出来てしまうかと。

その4に続く)

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

ロサンゼルス郡立自然史博物館 その2

前回に続き、ロサンゼルス郡立自然史博物館

s-R1009651.jpg
この博物館専属のアーティスト、ドイル・V・トランキナさん制作の
フルイタデンス。

s-R1011402.jpg
角竜頭骨。手前からトリケラトプス、スティラコサウルス、
エイニオサウルス


s-R1010062.jpg
哺乳類ホール。

s-R1009875.jpg
ネオパレオパラドキシア。以前はパレオパラドキシアでしたが、
最近の論文にあわせネオ~になったようです。
後肢の復元&組み方を見ると「アメリカだな~」と感慨深い。

s-R1009830.jpg
s-R1009868.jpg
海牛・ドシシーレン。
生体時のイメージの見せ方が面白い。

s-R1009859.jpg
アロデスムス

s-R1009962.jpg
メノケラス

s-R1010021.jpg
ロスといえば、タールピット、そしてスミロドン
タールピットからの化石は、ラ・ブレア・ペイジ博物館が
メインですが、こちらにも展示はあります。

s-R1010037.jpg
そして、やはりロスと言えばのダイアウルフ、そして
追いかけられるストクコケロス。

s-R1009857.jpg
2階から。大きな骨格はアメリカマストドン。

その3に続く)

>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

ロサンゼルス郡立自然史博物館 その1

●10月28日

s-R1011073.jpg
s-CIMG2656_20131106160640faa.jpg
平山さんと共にロス郡立自然史博物館へ。
2011年に恐竜ホールが大規模リニューアル。
恐らくアメリカ合衆国西海岸では最大の恐竜・古脊椎動物展示施設。

s-R1009580.jpg
エントランスホールには、屋外の復元像と同じポーズの
ティラノサウルスvsトリケラトプス。
さぁ、展示を見るぞとテンションが上がりますが
ここで思わぬハプニング。
標本調査が目的の平山さんと一緒にバックヤードに
入れる事に。バックヤードはもちろん、研究者の調査の様子も
見れるとあっては、逃すわけには行きません。
展示見学はちょっと先送りに。

といっても、バックヤードの画像は載せられませんので。

バックヤードには、この博物館のスタッフは勿論、
他国からの研究者さんも。
そんな皆さんと一緒に昼食。
博物館のレストランで食事を購入、バックヤードで食べる事に。
テーブルの上にも凄い標本がのっていて、汚してはいけないと
緊張しつつの食事。

s-CIMG2668.jpg
レストランにて。押すとマスタード&ケチャップが出ます。


昼食後は、常設展示へ。


s-R1009630.jpg
トリケラトプス。
前肢の復元がいわゆる「藤原復元」風になっているのが
分かります(細部が違うのですが)。
実はこの骨格、2010年のSVPの折に組立途中を見ていました。
ここで再会出来て感慨深いです。

s-R1009661.jpg
マメンチサウルス。
今までみたマメンチの骨格では、一番の精度かと。

s-R1011344.jpg
マメンチの頭骨復元の新旧の解説。

s-R1011333.jpg
Julius Csotonyiさんの手掛ける壁画。
Csotonyさんは、今一番勢いのある恐竜アーティストでしょう。


メインホール。
s-R1009765.jpg
ここの目玉は、やはりティラノサウルス成体、子供、赤ちゃんの
3世代骨格展示。
3世代が揃っているのも凄いですが、歩いている成体、赤ちゃんは
左右歩幅が狭く、足先が少し内向きと獣脚類の足跡に見られるパターンを
踏襲。立ち止まっている子供は左右脚幅広め、つま先も微妙に外向き、
という描写の違いが細かい。
この日は、SVPに備えてかティラノは掃除&メンテナンス中。
と、その作業スタッフから「お、日本のスカルプターじゃないか!」と
声を掛けられる。先のトリケラトプスを始めここの恐竜骨格の組立を
手掛けたphilfraleyproductionsの社長さんじゃないですか!
SVPで何度も会い、工房まで伺ったので顔見知りなのですが、
展示を見ることに夢中で気がつかず。

s-R1011386.jpg
こちらは、ティラノ3世代全身骨格の頭骨のベースになった
実物化石の展示。

s-R1011109.jpg
アグレッシブでカッコイイポーズのカルノタウルス。

s-R1011165.jpg
アロサウルスvsステゴサウルス

s-R1011151.jpg
2階から。
各骨格の背中側が見れて嬉しい。

その2に続く)

ロサンゼルス到着~SVP開始前日

●10月27日
 夜8時ごろ、ロサンゼルスのSVP・古脊椎動物学会会場ホテル着。
s-R1009566.jpg
 SVPの会場は毎年その都市のかなり良いクラスのホテルなのですが、
 今回は特にゴージャス感。
 s-R1009568.jpg
 先に到着していた平山廉さんと合流&夕食。
 部屋に戻った後は時差ボケ対策のため、すぐに就寝。


●28日 朝8時に平山さんに起こされる。
 朝食後、ロサンゼルス郡立自然史博物館へ。
 R1011073.jpg
詳細はまた後日。
夜は、そろそろ集まり始めた研究者さん達と夕食。
 その後は、せっかくの機会だからとロビーラウンジで
 柄にも無くワインなど。
 s-CIMG2681.jpg


●29日
 午前中は部屋でゴロゴロ。
 午後からはタールピットで世界的に有名な
 ラ・ブレア・ペイジ博物館へ。
 s-R1010325.jpg
 s-CIMG2704.jpg

 こちらも詳細はまた後日。

 夜は、いろいろあってアメリカの日本特撮作品ファンの
 夕食会に混ざる事に。といっても私を含め3人ですが。
 が、他の2人は、歴代の特撮映画関係者に面識があったり、
 著書もあったりという筋金入りの方々で、当然話の中身は特濃。
 私でも相槌打つのがやっと。

 まぁ、私の英語力の問題もありますが。

 連れて行って下さったチャイナタウンの中華料理が
 美味しかったです。

(ロサンゼルス編 続く)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。