:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリダステスが来た

小型のモササウルス類・クリダステスの
全身骨格レプリカが当社に来ました。
というか、正確には戻って来た、なのですが。

モササウルス骨格
s-R1009359.jpg
骨格レプリカ自体はアメリカの物ですが、
それを小田隆氏率いる成安造形大学チームにて改修。
より組み立て易く&移動が簡単になるように
パーツを分割。また輸送用の木箱も新造。
一部、博物館関係者の間では、この木箱の出来の良さが話題に。

各展示施設への貸し出し意外にも、この骨格を絡めた
ワークショップ開発等も予定しています。
スポンサーサイト

円山動物園

●17日
札幌市博物館活動センターから円山動物園へ。
円山動物園は初見学。

s-R1009305.jpg
人気のホッキョクグマ双子。

s-CIMG2489.jpg
アムールトラ

s-R1009298.jpg
1002213_586956258012872_980449150_n[2]
ブチハイエナ


1234317_586956281346203_1047929203_n[2]
マレーバク

ブチハイエナやマレーバクは、今まで見た他の動物園よりも
至近距離で見れたのが嬉しい。


s-R1009323.jpg
s-CIMG2475.jpg
そして、個人的に一番だったのが、このマレーガビアル。
マレーガビアル自体が結構珍しいのですが、それがこの
真横から見られる水槽での展示。しかも成体が2体。

547270_586956354679529_2029297272_n[1]
潜ろうとして水中を大きく動く姿は迫力があります。
マレーガビアルのこんな姿が見られるとは!

s-CIMG2546.jpg
閉園近くに再度マレーガビアル水槽に行くと
掃除のため水槽から水か抜かれていて、また違う姿も
見ることが出来ました。

s-R1009341.jpg
さらに幼体まで。
成体に比べると全身に対してシッポが長いのが分かります。
現在各地に展示されているマチカネワニ全身骨格は
復元の際に化石では欠けていた尻尾の部分を、
マレーガビアルの幼体をベースにしたため、実際よりも
シッポが長くなっているのでは、と言われています。
それを確認出来る良い機会に。



動物園の後は、すすきのにて聖地巡礼。
s-CIMG2550.jpg
レギオン草体が出現したビル。

s-CIMG2558.jpg
s-CIMG2561.jpg
北海道最後の夜の夕食は、
大通り公園にて開催中の「さっぽろオータムフェスト」へ。

s-CIMG2565.jpg
そして聖地巡礼その2。
ゴジラが倒したテレビ塔。

・・・・・・
今回の北海道旅行は、
ずっと「見たい」と思っていたものが
数多く見ることが出来た旅になりました。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

札幌市博物館活動センター

17日

穂別より札幌へ。
まずは札幌市博物館活動センターへ。
お世話になっている先生が居られるので御挨拶に。

1240227_586956138012884_461434434_n[1]
入り口ホールにサッポロカイギュウ、デスモスチルスの
全身骨格。

578944_586956171346214_1364038830_n[1]
1236960_586956198012878_1720615369_n[1]
展示スペース。
小規模ですが、センス良く纏められてます。
規模が小さいことを上手く活かして、見学者や
博物館活動に興味のある方に、より博物館活動が
身近に感じる事が出来る、居心地の良い空間になるような
工夫がされています。
これくらいの規模だと、普段は興味のあまり無い分野でも、
ちょっと時間を掛けて見てみようとも思いますし。

北海道編、続く

穂別博物館

●16日
むかわ町穂別博物館へ。

s-P1000355.jpg
「遠い」というイメージがあったのですが、
新千歳空港から午前中発のバスさえ押さえれば、あとは
バスで約1時間20分、最寄りのバス停から歩いてすぐなので
むしろ「近い」という印象。とはいえ、バスは事前予約が必要なので、
そこは注意しなければいけませんが。
今回は、札幌から電車で新千歳空港へ移動し、そこから穂別へのバスに
乗り換え、という行程でした。

博物館は、見事な白亜紀後期の海棲爬虫類化石と
アンモナイトの宝庫。小規模ながら濃い展示です。

sR1009169.jpg
入り口ホールのホベツアラキリュウ・愛称ホッピー復元骨格。
s-P1000358.jpg


sR1009129.jpg
sR1009124.jpg
sR1009117.jpg
ちょっと時代を感じさせるも、丁寧な造りの
モササウルス模型の周りには、
穂別で発見されたモササウルス類化石が。数種のモササウルス類が
発見されています。

sR1009201.jpg
見事なモササウルス類頭骨。歪みがなく、バラバラなので
各パーツが詳細に観察出来る貴重な標本。
世界でもトップクラスのモササウルス頭骨だとか。

メソダーモケリス
白亜紀後期のオサガメ、メソダーモケリス
(奥は現生のアオウミガメ骨格)。
これが個人的にはお目当ての一つ。
現生のオサガメとは甲羅の作りもプロポーションもかなり違います。
記載・命名は化石カメ研究で著名な平山先生
日本が世界に誇る化石カメの一つ。

アノマロケリス
日本産の化石カメと言えば忘れてならないのが
アノマロケリス。こちらも命名は平山先生。
復元画は小田隆さんが平山先生の著書『カメのきた道』に描いたもの。

sR1009142.jpg
イノセラムス&博物館のマスコットキャラクター・いのせらたん。


s-R1009133.jpg
コウモリダコがクビナガリュウに食べられていたと
推測される化石。

sR1009181.jpg
先日発表された穂別で発見された恐竜化石
現在発掘が続けられています。
発掘の様子の報告はこちら


s-R1009188.jpg
いのせらたん。各地の各種類が作り分けられているのが芸細。
この中の穂別産イノセラムスを元にした「ほべつたん」が
販売されています。

冒頭でも書いたとおり、とにかく穂別産の化石の見事さに
圧倒されます。展示もシンプルですが効果的に纏まっており、
また追加の展示やキャプションも丁寧に更新、製作、
管理されていると感じました。
一つ一つがじっくり見る価値のある展示だけに、
これくらいの規模が逆にちょうど良いのかも、とも。

sP1000363.jpg
この日は穂別に一泊。
画像は朝食のご飯の共ズラリ。
奇麗な民宿で食事も美味しく、博物館見学と合わせ
良い旅になりました。

sR1009240.jpg
s-P1000367.jpg
穂別のメインストリートの街灯。
翌日朝のバスで新千歳空港に。そこから札幌へ戻りました。

北海道編、続く。


メソダーモケリス、アノマロケリスの記載・命名者の
平山先生の著作です。

北海道大学総合博物館

15-18日、
ちょっと遅めの夏休みという事で、
北海道へ行って来ました。

15日、北海道大学総合博物館へ。
sR1009011.jpg

小林快次先生の講演『恐竜の最新研究』聴講と、
特別展「巨大ワニ vs 恐竜」&常設展示見学。
小林先生の講演は、タイトル通りの恐竜最新研究を
これでもかと盛り込んだ内容。アラスカ、モンゴルでの
発掘の様子の画像も多く、あっというまの1時間。


sR1008949.jpg
sR1008956.jpg
特別展は、基本的には去年、大阪大学博物館で開催された物と
同じですが、大型の恐竜の展示は入れ替わっています。

sR1008900.jpg
アフロベナトル。大阪開催との違いの一つ。


この特別展の図録にもなっている本。
内容は、ほぼ化石種ワニメイン。
化石種ワニについて、これだけの情報量、そして
図板が豊富な本は洋書でも無いかと思います。

こちらは常設展示。
sR1009004.jpg
パラサウロロフス、ニッポノサウルス、
デスモスチルス長尾復元、マチカネワニ等。

sR1008981.jpg
束柱類・アショロア


sP1000353.jpg
北大博物館オリジナルグッズ・
デスモスチルス長尾復元ペーパークラフト。
2個買っちゃいました。
長尾復元は、復元としては古いものですが、
日本の古脊椎動物研究の歴史の中では
記念碑的なもの。その長尾復元が組み立てられたのが
この北海道大学なのです。

北海道編、続く



恐竜骨格総進撃・・・?

前回前々回に続き、
当社の古生物研究者・Ogino製作の骨格3DCG。

s-恐竜骨格8体
恐竜総進撃、、、というには、
あと3体足りない&恐竜じゃ無いのもいますが。


早速、データの使用依頼も。
恐竜古生物骨格CGマチカネワニ
このマチカネワニは、隠岐で発見された
大型化石ワニ
の発表会見で使われました。

同じチーム内に、「粘土造形・生体復元」、
「3DCG・骨格復元」それぞれの担当がいる、ってのは
なかなか面白いもんです。


新作×2

完成したのは、ちょっと前なのですが。

恐竜模型カマラサウルス
カマラサウルス。
関節部の軟骨が厚めの説で表現。
なので、ちょっと脚も長め。


恐竜模型オルニトミムスフィギュア
オルニトミムス。
昨年発表の研究に従い、羽毛&羽根付きで表現。
ベースがまだ仮の物です。

他のアングルの画像と共に、後日ギャラリーサイトに
アップの予定です。

台湾人形劇「金光」DVDが来た!

少し前の事ですが、台湾から小包が。
特に思い当たる事も無いので(もちろん差出人が
知り合いなのは確認してます)、「?」と思って開封すると、、、

BPCutwoCEAENE4L.jpg

先日の台湾訪問の際に、「完成したら送るよ~」と
言われていた作品(画像下の3つ)に、、、
そのキャラクターが登場する人形劇「金光」シリーズの
「黑白龍狼傳」「天地風雲錄之決戰時刻」のDVDセット!!

まず、メイン(笑)の作品。
BPCwDAHCIAAMZc3.jpg
s-R1008881.jpg
裏側はヤラレ顔になっているのが芸細。

DVDセットですが、実は「天地風雲錄之決戰時刻」は
すでに台湾から取り寄せ購入済み。物語半分くらいまで
見ていたところでした。
で、「これは「決戰時刻」の前のシリーズになる
「黑白龍狼傳」も見なければ、、、」と思っていたところに
前触れも無く届いたので、もうビックリ。

どんだけ出来たサンタさんやねん。

もちろん日本語訳は無いのですが、台湾の人形劇は
伝統的に台詞は台湾語。台湾語は現地の方でも判らない場合も
多々あるとかで、中国語(繁体字)の字幕が付きます。
大学の頃、第2外国語で中国語を取ったとは言え、もうほとんど
忘れてましたが、それでもなんとな~~~~~~~くは
雰囲気は判ります。
それに加えて、繰り返し出る言葉は中国語会話の本やネットで
調べたりしながら見ているという、およそ私らしくない
真面目さと集中力。

そこまでするくらい面白いんですよ。


「天地風雲錄之決戰時刻」op
各設定などほとんど分からず、手探りで見始めた頃は
分からなかったんですが、今改めてみると、主要キャラ一覧
各勢力構成がシンプルに纏まり、かつカッコイイという
見事なOP。

で、個人的一押しキャラ・神田京一

この人がいなければ、恐らく「金光」よりも、
同じ台湾の人形劇で歴史と知名度は破格に上の「霹靂」を
メインに見始めていた可能性が大。
やたらとカッコイイ必殺技「無極剣」の構えに
(この時は2人とも無極剣法使いだけど)、
名前から分かる通りの日本人キャラ
というか、主人公陣営の敵対勢力「西剣流」は日本ベース。
なので、要所要所で日本語を喋ります。
そして、もう一つのポイントは
神田京一の読みが「かみだきょういち」!
「かんだ」じゃ無いところが良い!
お陰で「神田」と打とうとして「かみだ」と入力する
癖がついてしまいました(本当)
その度に変換されず打ち直すのが面倒なので、辞書機能に
「神田=かみだ」で設定したほうが良いような気も
してます。

「金光」シリーズは、「決戰時刻」の後は

先日完結(?)した「九龍變」
(現在、私はこれのDVDセット発売待ち)


「劍影魔蹤」と続いてます。

その他、「金光」シリーズの紹介&基礎知識はこちらを是非


・・・・・・・

自分で取り寄せた「決戰時刻」を鑑賞していると、
なんとなく台湾が懐かしくなっておりました。
だいたいそういう思い出は食べ物とリンクするものです。
と、そこに今回紹介した品々が到着。そして一緒に
台湾のお菓子も!
台湾といえばアレのパイナップルケーキ!

本当に気配りに隙の無いサンタさんだよ、、、、。

「決戰時刻」を見終わり、その前のシリーズの
「黑白龍狼傳」を鑑賞開始。「決戰時刻」の3年前の製作
という事もあり、「決戰時刻」のクオリティに慣れてしまっている
自分には、ちょっとアレな部分も。
ちょうど別件でDVDセットの送り主に連絡を取った際に
「決戰時刻」を見終わりました、と報告した所、
「金光」ファンの奥様からの伝言
「黑白龍狼傳」は後半でクオリティが
 上がるから、前半で諦めないで!


アフターケア、バッチリですな。

さらには「「九龍變」もDVDセットが発売され次第手配するから、
「黑白龍狼傳」の後に見て下さいね!」とも。
新しいのが来たからと、そちらに飛び付かずに、
ちゃんと前のエピソードを見ておけと!

ここまで来ると、本編だけでなくファンすらカッコイイ。

・・・・・・・・

という事で、「決戰時刻」DVDセットが
2つになってしまいました。
s-R1008882.jpg
1つは「興味のありそうな人を見つけたら
無理矢理押し付ける用」に使おうと思います。
それが、台湾のファンから私に託された使命ではないかと!

8月最終週

●8月24日は、、、


s-CIMG2454.jpg
s-CIMG2456.jpg
丹波竜化石工房で恐竜復元ワークショップ。



次の週末は、打ち合わせで東京へ。

s-R1008764.jpg
ちょうど同じタイミングで台湾から来日&東京滞在の
友人+いろいろで飲み会。
で、科博の深海展を見学。

と、これで夏休みシーズンの出張教室等も終了。
今年度下半期の仕事の打ち合わせもほぼ終わり、
これからはひたすら造るだけです(多分)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。