:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

先日の「サロン・ド・六甲昆虫館」

7月20日に開催の、「サロン・ド・六甲昆虫館」

AyQd90YCAAExbPP.jpg
今回で2回目の開催。
皆さん、それぞれ話のネタを用意されていたりと、
この集まりを上手く楽しんで下さっていました。
平日の夜にも関わらず、参加者は前回よりも微増。
六甲昆虫館も初めて、という方も居られました。
次回開催も予定しておりますので、
宜しくお願い致します。

ワンダーフェスティバル

直前の告知になりましたが、
明日(29日)、幕張メッセで開催の
ワンダーフェスティバルにディーラー参加します。
ディーラー名は「エルステッド&fragi-ragi」
場所番号は 8−22−12。
販売物での新作は無いのですが。通りすがりの際にでも、
ちょっと覗いて頂けると嬉しいです。

「きしわだ 夏の恐竜教室 」

●7月16日
ちょっと報告が遅くなりましたが、
きしわだ自然資料館にて、「きしわだ 夏の恐竜教室」
いつもの恐竜教室とは違う内容・構成での開催。

s-CIMG0087.jpg
午前中は、大野さん(大阪市立大学大学院博士後期課程)による
恐竜復元画ワークショップ。大野さんが会長を務める
大阪市立大学・恐竜愛好会の部員さんもお手伝いに来てくれました。


午後は、私と荻野さん(古生物学者(株)ACTOW)に、
大野さん等もお手伝いに加わって頂き、恐竜造型ワークショップ。
既製品のティラノサウルス骨格モデルに粘土で肉付けをします。
普段は小学生以上の対象年齢で行うのですが、今回は
小学4年生以上で設定。いつもより細かく造型のポイントを解説、
また色も付けてもらいました。

完成品を幾つか。
s-CIMG0089.jpg
s-CIMG0090.jpg

s-CIMG0093.jpg
これは、先日、パラサウロロフス製作の
中学生の作品。

s-CIMG0100.jpg
こちらは大人の参加者の作品。


子どもの部の後は、恒例の大人の部。
先日訪れたベルギー王立自然科学博物館見学のレポート。
今回も大人だけでなく、中学生の参加もありました。
ところどころ結構専門的な話もするんですが、
しっかり聞いてくれました。

「きしわだ恐竜教室」は、また年内の開催を予定しています。
次回も宜しくお願いします!


「サロン・ド・六甲昆虫館」のお知らせ

●7月20日 
神戸・六甲昆虫館にて「サロン・ド・六甲昆虫館」開催です。

基本的には、六甲昆虫館閉店後の集まりなのですが、
前回5月の開催の折は、「外から様子を伺っていて、何か
楽しそうなので、、、」と飛び込みでお店に来られた方も
居られました。そんな雰囲気の集まりなのです。

大きなお店では無いので、あまり人が多いと大変なのですが、
その時はその時、適当にどうにかしましょう(笑)。

新作更新&ワークショップのお知らせ

●新作・ヒプシロフォドンを更新しました>こちら


●8月24日(金)、25日(土)
兵庫県丹波市・丹波竜化石工房にて
恐竜復元画ワークショップ、ディノケシ・
ティラノサウルス頭部復元模型製作ワークショップを担当します。
詳細はこちら
最寄駅までは電車の本数が少ないので、車での来館をお薦めします。


「The Complete Dinosaur 」第2版が届きました。
s-lleag99t.jpg
分厚いです。寝転がって読むのは、まず不可能。
「恐竜大百科事典」として翻訳が出ている本の新版ですが
(アマゾンのレビューは、現時点では第1版と
その翻訳版についてのものですね)、
内容はほとんど別物。第1版の原著が出たのが1997年なので、
15年後の第2版出版。これからの約10年間は、この第2版が
恐竜についての基本図書の一つになるのかと。
これも翻訳が出てくれると嬉しいのですが、、、。


「夏のきしわだ恐竜教室・子どもの部」のお知らせ

「夏のきしわだ恐竜教室・子どもの部」

紹介が遅れましたが、参加申し込み受け付け中です。
締め切りは10日、今回は夏休みという事で、通常の
恐竜教室とは内容が変わっていますので、
良くご確認の上、お申込み下さい。

また、子どもの部終了後は、恒例の大人の部の
開催も予定しております>前回の教室&大人の部の様子
大人の部に関しては、私のほうに直接ご連絡下さい。

日本古生物学会 in 名古屋

6/28
古生物学会前日
瑞浪市化石博物館の学芸員・安藤さんの
呼びかけで古生物関連の食事会。
研究者さんや学生さん、恐竜・古生物好きが
約15人集合。

as-s-CIMG0055.jpg
舞台は、ビストロ・ラブレ

s-CIMG0050.jpg
美味しい料理に、

s-CIMG0052.jpg
気の効いたお酒のチョイス(瑞浪市化石博物館の
キャラクター・瑞浪MIOに合わせて用意されたとか)、
それにシェフのトークも加わり、楽しい時間になりました。


6/29-7/1
名古屋大学にて日本古生物学会。

s-CIMG0062.jpg
夜間小集会
「それぞれの立場から語る古生物学の普及」の会場。
以前、「恐竜・古生物トーク配信」の化石象の回や、
博物館トークの回にも出演して頂いた
北川さん(埼玉県立自然の博物館)が発言中。


今回の学会では、一般の参加者さんが随分増えました。
日頃から博物館等の活動やイベントに積極的に
参加されている方が多いせいか、学会という
ちょっと特殊な場所でも上手く楽しんでおられたように感じます。
また、個人的には普段なかなかゆっくりとお話しの出来ない方と
運良くかなり長時間お話出来る機会に恵まれたのも
嬉しかった学会でした。