:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

瑞浪市化石博物館>恐竜展in名古屋見学

●8月27日
瑞浪市化石博物館にてミニ講座を担当。
ティラノサウルス頭部復元ワークショップ>ミニ講演
>特別展ギャラリートーク>バックヤードツアー、という
プログラム。
当日の様子はこちらを

ティラノサウルス頭部復元ワークショップの作品。
R0015301s-_20110830170848.jpg
R0015299s-_20110830170849.jpg
R0015296s-_20110830170850.jpg
地元の小学高学年くらいの男の子の参加が
多かったので、全体的に強そうな造形が多いです。

R0015305s-_20110830170846.jpg
R0015304s-_20110830170847.jpg
大人も頑張った!
でも、思い切りのよさと迫力では子供に負けてる感。


●28日
前夜は名古屋市内に一泊。
この日は名古屋市科学館の「黄河大恐竜展」を見学。
事前に誘ったり、瑞浪で誘ったり、会場で合流したりで
総勢8人での見学に。

R0015334s-.jpg
目玉のダッシーことダシアティタン。

全体的に組み立て復元はちょっと前のスタイルな感じですが、
中には結構新しいスタイルのもあったり。
まぁ、こういうのは骨格を組み立てた時期も
影響しますからね。ともかく、今まで見た事のない
恐竜・骨格ばかりでした。

R0015364s-.jpg
今回の裏目玉?と思うシオングアンロング。
頭部(上顎)と脊椎、後肢の一部が見つかっているそうです。
頭の形状について、変形なのか、破損はどのくらいなのか、
気になります。

R0015372s-.jpg
その上顎の実骨を引っ繰り返した状態での展示。
これは凄い。普通、こんな向きで展示しませんし、
しかも実骨です。


で、恐竜展の後は、ヨネダコーヒーに案内され、

R0015388s-.jpg
R0015389s-.jpg
が、ほぼ強制的に運ばれて来ました(ウソ)。
小倉トースト、なんでイマイチ全国区に
なりきれないんだろう。美味しいのに。

瑞浪市化石博物館は、化石の博物館という
専門性の高さと、学芸員さんやスタッフの皆さんの
尽力もあり、近隣だけでなく遠方の化石好き・古生物好きが
多く集う場所になっています。
博物館のキャラクター、瑞浪mioも、まだまだ
展開がありそうですよ。








瑞浪市化石博物館ミニ講座&その他お知らせ

●今週末の土曜(8月27日)、
瑞浪市化石博物館にてミニ講座を担当します。
ギャラリートークとワークショップを行う予定。
参加申し込みも受け付け中です。
宜しくです!

恐竜・古生物トーク配信
先日配信分の録画公開しました。
配信中何度か録画が落ちたので
3つに分れています(その1その2その3
今回は化石種象に限定はしていますが、
研究者側からの古生物復元に関する具体的な提言もあり、
私としても耳の痛い部分もありましたが、非常に勉強になる
内容でした。

でも、全体的にはあんなノリで、真面目さが薄いような気も。

・・・・・・・

8月16日は、海洋堂展&宮脇専務トークショーに
行ってきました。宮脇専務(社長だけど)は、去年11月の
作品展
に来て下さったので、そのお礼&近況報告も。
トークの内容の濃さ、上手さは凄い。

8月20日は、「大化石展見学ツイッターオフ会。
すでに別件で一度見学したのですが、内容が良いので
急遽ツイッターでオフ会を告知。
参加された皆さん、熱心に見学、マニアックな話にも
しっかり付き合って下さり楽しかったです。

R0015284s-.jpg
これは会場の大阪市立自然史博の常設展示。
この展示室の雰囲気や、展示物の構成が
なんとなくアメリカの自然史博物館っぽいねぇ、という話に。
どうしても恐竜に(今となっては古さが目立ってしまう
復元も含めて)目が行ってしまいますが、
単弓類や化石象の並び、デスモスチルスの新旧復元
(片方は現在こちらに出張中ですが)等、
「比較する」という事に重点が置かれた構成が良いです。

まぁ、その良さが分るようになったのが最近なんで、
あまり偉そうな事も言えませんが。
しかも展示全体の画像撮り忘れてるし。

で、その大阪市立自然史博物館ミュージアムショップ
ACTOW製作の恐竜・古生物カンバッジ&カードの
販売が始まったそうです。私の作品がデザインに
使用されています。
こちらも宜しくです。

「第6回 きしわだ恐竜教室」

8月13日
きしわだ自然資料館にて
「第6回 きしわだ恐竜教室」。
定員30名に数倍の応募。当初は午後1回のみの開催予定
でしたが、午前の開催を増やしました。

372441526.jpg
大阪市立大学・恐竜愛好会ジェラシックパー君
皆さんの古生物学のお話、私が担当の復元画ワークショップ、
ティラノサウルスフィギュア塗装、と続きます。

372442855.jpg
子供達の作品(大人の作品も交じってますが)を集めて
記念撮影。

子供の部の後は通称・大人の部。
372446363.jpg
今回の講師は、以前「恐竜・古生物トーク配信」にも
ゲスト出演して頂いたBasilioさん。
大人の部は、最初の頃はきしわだ自然資料館のスタッフ、
関係者がほとんどでしたが、最近は一般からの参加者も
随分増え、ちょっとした講演くらいの規模になりました。
中には小学生の参加者も。

Basilioさんが我が家に滞在中に製作した折紙作品。
R0015269s-.jpg
上から、エステメノスクス、コティロリンクス、
アノマロカリス。
この中で一般的に一番メジャーなのが
アノマロカリスって、、(笑)。

東急ハンズ梅田店・ティラノサウルス復元ワークショップ

8月11、12日
東急ハンズ・大阪梅田店にてティラノサウルス復元ワークショップ。

RIMG3576s-.jpg
開始前の様子。

内容は、フェバリット社・ディノケシ・ティラノサウルス
パジコ社のハーティ(カラー粘土)で肉付け、というもの。
12時30分の開始直後は、流石に平日という事で
なかなか参加者も増えませんが、少しすると途切れなく
参加者が続く状態。
372428696a.jpg
子供達に交じって大人も真剣に挑戦しています。


子供達の作品
RIMG0042s-.jpg
RIMG0045s-.jpg
RIMG0046s-s-.jpg

タイガースカラーも(笑)
RIMG3581s-.jpg

芯となるディノケシが本格的なものだけに、
どんな表現・色遣いでもちゃんと「ティラノ顔」になります。
参加者には、頭骨の見方の基本を最初に解説するのですが、
そこで諦めたり、つまらなさそうにする子は皆無。
粘土付け作業に入るそ、ほとんどの子が集中で無言。
最後の歯の塗装も、もっと荒く塗るかと思いきや
「最後の仕上げだから丁寧に!」と言うと、しっかり集中してました。

今回のこのワークショップ、フェバリット社さんの協力で開催致しました。
ありがとうございました。
また、来月も同じく東急ハンズ・大阪梅田店での開催を
予定しています。

フェバリット社新作・ティラノサウルス&トリケラトプス

フェバリット社から8月10日より販売開始の
ティラノサウルス&トリケラトプスの原型を担当しました。

R0015253s-.jpg

小田隆さんのデザインを私が立体化しています。
宜しくです。

・・・・・・・・・・

で、そのフェバリット社製のディノケシを使用する
8月11,12日の東急ハンズ大阪梅田店でのワークショップ。
会場で配布するチラシのデータも完成。
ディノケシワークショップちらし2s-
近くだけでなく遠くから見学に来られる方や、
取材もあるようです。
どんな雰囲気になるか、楽しみです。

ゴンフォテリウム製作 その1

久々に製作記事を。

R0015241s-.jpg
絶滅象・ゴンフォテリウム。
先日のUstream配信でもちょこっとネタにしました。
耳や前後肢、腹部等がまだ未完成。
鼻もちょっと長過ぎる気がします。

R0015243s-.jpg
このゴンフォテリウムやデイノテリウム、プラティベロドン等の
下顎に牙(?)があるタイプの下顎の表現は、結構気を
使う所。歯と唇、粘膜面の関係等をどう判断するか。
象が専門の研究者さんとも話題になる部分です。
今回の作品は、いろんな方にお話を伺った上での
自分判断。完成後のダメ出し覚悟です。

R0015244s-.jpg
参考にした資料の一部。
左は、一冊まるまるゴンフォテリウム、しかも保存状態の
良い標本一つについてだけの本。その標本のレプリカ全身骨格は
先日のドイツ行きで実際に見る事が出来ました。
今回、ゴンフォ製作を決めたのもそれがあっての事。
右は東アフリカの哺乳類についての本。
meribenniさんに教えて貰って購入。
何冊かシリーズで出ているのですが、その中の大型哺乳類の巻。
解剖学的な内容もそれなりにあり、イラストも多くて分り易いです。