:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄で城で辰で竜で薔薇

先日参加した飲み会で、速水仁司さんに頂きました。

R0012545s-.jpg
鉄人28号ストラップ。
原型を速水さんが製作。高さが3.5cmの小さな物ですが、
シャープな出来です。
そしてデフォルメとは言え、そこはやはりの「速水ポーズ」。
そもそも、速水さんがこのフィギュアの基になった
神戸・長田の実物大鉄人28号の原型製作&その後の工程
にも参加されたのです。

黒目の位置を指示&書き込んでいるのが速水さん。
現代の開眼式。

鉄人ストラップは長田限定品とのこと。
実物大鉄人見学の折には、是非お忘れなく。


飲み会参加者の山本さん企画の
熊本城プラモデルも「振り切った仕事」として
是非多くの方に見て貰いたい品。
組み立てながら「自分が攻めるなら、守るなら」
と想いを馳せるのも良いでしょう。
まぁ、天守閣まで攻め寄られた時点で勝負は
決まってるかとも思いますが。

マ○チョド○ゴンさんは購入されたのかしら。

・・・・・・・・・・・・・・・
やっとアクロカントサウルスの塗装始めました。

R0012544s-.jpg

まだ下塗り段階ですが。

塗装の時、油断してると「薔薇は美しく散る」
勝手に頭の中で流れるのです。
他の作業の時はそんな事全然無いのにな~。
おまけに本編ほとんど見た事無いし。
スポンサーサイト

混成チームで飲み会

2月22日

meribenniさん川中さんと共に京都大学へ。
まずはmeribenniさんと一緒に担当している某案件の
監修作業のため、古生物の先生のお部屋にお邪魔。

そして、その後は3人で疋田努先生の研究室の飲み会
に参加。今回も美味しい日本酒と食事、そして研究の
お話を堪能。meribenniさんと川中さんは
疋田先生と会うのも初めて、またこういう研究室の
飲み会も初めてだったそうですが、
そこはお二人とも動物または古生物に関わる仕事を
されているだけあり、すぐに研究者さんや
学生さんとも会話が弾み、それぞれに収穫が
あったようです。

私は、当然現生の動物にも興味はあるのですが、
やはりメインは古生物な訳です。疋田先生の
飲み会には何度も参加していますが、そこで
いろんな現生動物の研究のお話を伺う度に、
「俺よりももっとこの話を楽しめる人を
ここに連れて来たいな~」とも思っていました。
そういう思いから、以前ちょうどタイミング良く関西に
来られていたアクアプラント・守亜さんと御一緒した事が
ありましたが、今回それに続き、特に哺乳類に強い
meribenniさんや、ペット業界の中で動物に接している
川中さんを誘って参加。お二人が私では出来ない
動物話を皆さんとされているのを聴いていて、
こちらもいつも以上に楽しむ事が出来ました。

というか、話は2人に任せて、私は日本酒を楽しむ事に
専念していたような。この飲み会に出るのは、毎回
ホント美味しいお酒ばかりなんですよ。
お酒は弱い私でも、そこそこの量を飲んでも変な酔い方しないし。
いつも気持ちのいいお酒飲ませて頂いてます。

以前も紹介しましたが、疋田先生の動画
アクアプラント製マダガスカルTシャツを着ておられます。
アクアプラントの新作にはモササウルスパーカ&Tシャツ
(一部は予約受付終了ですが)。
モササウルスはちゃんと最新復元になってます。

コオロギ&テーレッテー

「闘蟋」が大変面白かったのです。
「闘蟋」という題材も興味深いのですが、
著者さんの「闘蟋迷」への畏敬の念が柔らかい文章に
良く表れています。文化や歴史、ディテール偏重に
なっていないのも読みやすい理由の一つ。
闘蟋に関わる人々、道具等、とても魅力的かつ
分り易く描かれています。中国文化らしい(?)
やたらと凝った道具類はちょっと欲しいな~とか
思いますが、闘蟋迷の皆さんの闘蟋に掛ける労力を
知ると、実際にコオロギ飼おうとはコレっぽっちも。



●「クソゲーまとめ@wiki」見始めたら
もう止まらねぇ。

極めてしまうと、それまで見ていた物と全く違う
世界が見えてくる、というのは、どんな分野にも
ある事ですが、クソゲー疑惑なゲームが、あるレベルを
越えると麻薬的な魅力を持つという事例。

去年の夏、御所浦に滞在の折、白亜紀資料館に
バイトに来られていた某大学の学生さんが
この業界には珍しい(かどうかは分らんが、
私は初めてそういう人に会った)格闘ゲームマニアで、
資料館の1階に展示されているステゴサウルス骨格の前で、
ここ数年の格ゲー事情の話を伺ったのです。
その折に、「北斗の拳」はぶっ壊れたバランスが故に
熱狂的なマニアがいる」と謎のレクチャーを受けたのですが、
なるほど、こういう事か。
トキ最強>闘劇06>「バスケ」発見>闘劇08
の歴史は、人の努力としつこさの素晴らしさを
感じずにはおれません。
普通、闘劇06トキ優勝で終わる筋書きだろうよ。


何か凄いノリ(ちなみに闘劇の店舗予選)。
たぶん、そーいうゲームなんだろうな。


俗に言う「テーレッテー」集。
ユダ、やっぱりカッコイイよ(死に様が)。
決まれば残り体力関係なく決着って技が
コンボに組み込めるとか凄い仕様だなぁ。

でも、そんなクソゲーまとめ@wikiの
愛情溢れる記事を読んで心打たれつつも、
実際このゲームやってみようとはコレっぽっちも。

いろいろと

●2月17日
京都大学の古脊椎動物学ゼミに参加。
その後は恒例の飲み会、、、なのですが、
今回はちょっとお仕事相談。
製作中の作品の監修作業を飲み会の席で。
芯(簡易な骨格状態)を研究者さんにお見せして、
その場で修正点を直接書き込んだり、場合によっては
一端バラして再組み立てしたり。
これまでの一般的な復元とはちょっと違った
イメージになりそうで、これからの作業が楽しみ。


「Extinct Creatures」更新しました。


●その「Extinct Creatures」にはイラストで参加して
貰っているヤマモトさんのブログにプロトケラトプスの
イラスト
が更新されています。
林原自然科学博物館開催の「ようこそ恐竜ラボへ!」で
展示されている骨格を基に描かれています。
丁寧に組み立てられており、個人的にとても
好きな骨格の一つです。
RIMG0610s-.jpg

今、大変な状況の林原ですが、その恐竜・古生物研究に
関しては、非常に素晴らしい標本を多数所蔵、もちろん
これまで重要な研究が行われており、また化石の
クリーニングや修復、展示物製作を担当する
プレパレーターの育成とその活動は国内でも
特筆するべきものです。先のプロトケラトプスの
骨格も研究者とプレパレーターが密に連携出来る
林原の組織だからこその精度だと思います。
今後もこれらの貴重な標本の保存・維持と、研究者・
プレパレーター・その他のスタッフの皆さんの活躍が
良い方向で行われる事を願っています。

日本古生物学会
「林原グループにおける
 古生物学研究事業の今後に関する声明」
(pdf)

頂きました!

昨日は、世の男性が頂いたものの個数を
競う日だったそうです。
なので、ちょっそれに乗っかって。

●頂き物 その1
RIMG2486s-_20110213134350.jpg

画像左が先日のワンフェスで松田未来さん
頂いた同人誌。左は松田さんの新刊。
ちょうどワンフェス後、書店に行った時に
新刊コミックコーナーにありました。

頂いた同人誌、エアレースについての本です。
画像も綺麗、関係者へのインタビューも充実、
レイアウトも良いし、また文章のかなりの分量に
英訳が付記されており、「大人の本気の遊び」を
見せつけてくれます。同人誌という事ですが、
各その道の専門店(笑)でも入手可だそうです。


●頂き物 その2
コミック@バンチで「エリア51」連載中の
久正人さん
より「絶滅魚類大会」記念イラストを
頂きました>こちら



・・・・・・・・・・・・・・

ワンフェス会場でチョコを頂きました
「アスカ、好きなんですよね!」と言われたのですが、
真相は
「アスカと同じ声優さんが声を担当された
ストリートファイターZERO2の春麗にダンで挑むのが
勝ち負け関係なく楽しいから好き」発言が伝言ゲームで
「アスカが好き」になっていたようなのです。


チョコは大変美味しゅうございました。
ありがとうございました~。

ワンフェス

●2月6日のワンフェス、当ブースに遊びに来て下さった
皆様、ありがとうございました。
今回は恐竜アイテムが無く、また台湾の作家さん等による
現生動物作品も展示販売もあるという事か、
いつもとはちょっと違う客層が目立った感じです。
松田未来さんには本を頂いてしまったり、
COCOさんもツイッターでウチの作品を紹介して下さったり
(目の前に居られる事に全然気が付かなかった、、、、)。

台湾の作家さんにもワンフェスのブースの様子の
画像を送ってあげなきゃ、と思いつつ、
画像を撮ろうと思う>お客さんが来る>話す
>画像撮るの忘れる>思い出す>画像撮ろうとする
>お客さんが来る、のループ。
途中、近所でイカ娘ライブが始まったりで、
結局画像撮り忘れました(泣)。
ごめんなさい。

翌日。いつもなら神田古書店街に行くところですが、
朝の新幹線で大阪へ戻り、とある博物館関係の集まりに参加。
懇親会に二次会で帰宅したのは深夜。
ワンフェス終了後も飲み会だったので、慌ただしくも楽しい、
いろんなジャンルの方とお話出来た2日間でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。