FC2ブログ

:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

Home > 2008年11月

骨ゼミ・古生物本

●27日は、近畿古脊椎動物学ゼミ、通称「骨ゼミ」参加のため
京都大学へ。この日は京大院生お二人の発表。
時間制限のある学会発表と違って、発表内容に対して
じっくりと質疑応答。こちらは外野なもんで、
そのやりとりを気楽に楽しめるのが役得と言えば役得?

で、その後は京大生行きつけの居酒屋で飲み会。
飲み会だと、本当に素人質問でも個人的に出来るので、
これはこれで良い勉強の出来る機会なのです。


●最近、恐竜だけでなく、恐竜以外の古生物も多く
取り上げた本が出ているのですが、情報の鮮度、質、
復元画の精度等の点で断然オススメなのがコチラ
ドラえもん絡みという事で、児童書のコーナーに
置かれていることがほとんどなのが勿体無いです。

ネッシー始めました

『未確認生物学!』 
これの表紙のネッシーの立体模型を製作しました。
水棲系UMA(ってのは和製英語(?)ですが)マニア、
好きなUMAは、目撃談の設定の胡散臭さ&ディテール、
そして目撃再現図の魅力がアツい「ハイール湖の怪物」
の私としては、依頼があった時は二つ返事で
「やります! 資料もすでにバッチリです!」。

迫力を考慮して、頭部を大きめに造るなど、
立体イラストレーション的な部分もあって、
なかなか面白い仕事でした。
最初は模型の製作だけ、の依頼でしたが、
ネッシーを造形するにあたっての考察も少し
説明させて貰ったら、というアドバイスがあり、
またそれをお願いしてみたところ編集者の方が
快く受け入れて下さり記事にして頂きました。
なので、そこの所も是非読んでやって下さい。
本編も、UMAの存在を頭から否定するのではなく、
好奇心と冷静さ・客観性のバランスが絶妙で、
まさに「未確認生物学」の入門編と言える内容です。

次は是非、「ハイール湖の怪物」の仕事を、、、、