:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

ニクいお部屋訪問 その2

前回のcorvoさんこと、小田隆さんのアトリエ訪問
続いての、もうなんだか羨ましくてニクくなる
お部屋訪問。今回はこのブログにも何度も
登場頂いている倉谷滋先生のお宅にお邪魔させて
頂きました。

2008072402.jpg
玄関! すでにカッコイイ。
昆虫標本に博物画、倉谷先生製作の
飛行機プラモデルが六甲昆虫館館長製作の
標本箱に入れられて飾られてます。
本棚には、さりげにビュフォンの『博物誌』普及版が。


2008072401.jpg
奥様のリクエストで製作したビーグル号。
周りにはガラパゴス諸島の動物のフィギュアが
置かれているのが芸細。
その下は奥様のフジツボコレクション。


2008072403.jpg
リビング。調度品から小物まで、とにかく
味のあるものばかり。おまけに、写ってませんが
画像左側全面の窓からは神戸の夜景が見事に。
知識と美意識と居住空間としての心地よさが
素敵に融合した、理想の部屋。
でも、本棚にはモゲラと轟天号が(笑)。

いや、もう映画に出て来そうな部屋で、
羨ましいやらニクいやら。
食事の後には、ちょっと変わったコーヒーメーカーで
煎れたコーヒーも頂いたり、また例によって
倉谷先生との話も魅力的で、本当に楽しい夜でした。

スゴい人の部屋やお宅が素敵なのは
当然なのかも知れませんが、でもなんか
悔しいよな~~~~~。

「恐竜をさがせ!」をさがせ!

「恐竜をさがせ!」全3巻
08071002.jpg

1巻 恐竜の時代研究室
2巻 恐竜のなかま研究室
3巻 恐竜のデータ研究室

とにかく一度手に取ってご覧下さい。
素材を提供した私や小田隆さん、企画・編集の川嶋さん、
CG合成担当の米・ドリームワークス・吉岡さん、
その他デザイナーの皆さん、
出版社の担当者、監修の平山廉先生、
大人が真剣に、手加減無く製作した
子供の為の本です。
恐竜の事を知る、覚えるというより
恐竜の形の面白さ、古生物学の楽しみ方の
初歩を伝えたい、というのが主旨。
大人が読んでも十分に楽しめると思います。

私の作品がこれだけの数、しかも内容的に
メインの扱いで使われるのは初めてなのです。
ちなみに、この本で使用されている
ティラノサウルスはこれの為に造ったもの。
08071001.jpg
ブログでも製作途中は紹介しませんでした。
本来はこの本でお披露目のつもりだったんですが、
先月開催のきしわだ自然資料館での個展で
展示しましたので、一足先に実物を見られた方も
おられるかと。

皆様、是非宜しくお願いします!
帯の平山先生が目印!

2008 日本古生物学会年会 in仙台 その2(追記)

2日目
まずはポスターセッションへ。
藤原慎一さんによるワニの肘関節の考察発表等。

また、ここで友人のBlackieさんと合流。
ネットではずっと連絡を取り合って
いたものの、数年振りの再会。
こういう機会が持てるのも、日本各地で開催される
学会に参加しているからこそ。

08070701.jpg
若手からベテランまで、恐竜業界の
有名人が一カ所に集中してるタイミングが
あったので撮影。


学会会場すぐ側の自然史標本館も見学。
08070702.jpg

08070703.jpg



一般講演終了後は、この日も
仙台の繁華街に移動、飲み会へ。
今回も恐竜倶楽部会報編集長主催(?)の
飲み会に参加させて頂きました。
という事で、やっぱ食べるでしょ、
仙台と言えば牛タン!
08070704.jpg
「皆が箸をつける前に
 ブログ用に写真撮らなきゃ!」と
群馬県立自然史博物館の高桑先生。
御気遣い、ありがとうございます~(笑)。
牛タン、美味しかったですよ。
結局、これが今回唯一の牛タンになって
しまいましたが。



3日目
ペルム紀大会参加者で、研究者でもある
新村龍也さんが3日目のみ学会参加。
夜行バスで早朝に仙台到着という事で、
朝6時に待ち合わせ。
その御陰で学会会場への移動までの時間、
じっくりと話が出来ました。

仙台駅からバスで会場へ。
偶然バス車内であの犬塚則久先生と近くになり、
これ幸いとデスモスチルスに関する質問を。

この日の午前中は、丹波竜の発表に始まり
恐竜関係が充実。
アビミムスの新標本や、恐竜じゃないですが、
首長竜に関する発表は興味深かったです。
さらに詳しくは、恐竜パンテオンのブログをどうぞ。

午後は、岩手県立博物館・大石雅之先生による
普及講演「クジラの進化を探る」を聴講。
非常に面白い内容だったのに、
疲れと昼食の満腹感からの睡魔で、前半が
あまり集中して聴けなかったのが悔しい。

という事で、学会は終了。
新村さんにとって、大石先生はクジラ研究のボス、
という事で、大石先生の車で仙台駅まで送って頂ける事に。
新村さん人脈で、またいろんな方を紹介して
頂き、初対面にも関わらず、何かとお世話になって
しまったのでした。

次の学会は来年2月の沖縄、、、、、、、
その前に10月のSVP・アメリカ・クリーブランドだ!

*追記
今回の学会については、こちらもどうぞ。
以前も一度紹介した、北海道沼田町化石館の
学芸員さんのブログです。学会以外の記事も面白いです。
皆さんも一緒にヘレンの事を心配しましょう(笑)。

2008 日本古生物学会年会 in仙台

という事で、仙台に来ております。
初日は夜の懇親会(立食パーティー)から参加。

R001199111.jpg
先日、NHK「爆笑問題のニッポンの教養」に出演された
真鍋真先生。受賞のスピーチ中です。

今回は、イラスト・造形仲間が誰も
おらず、初めてのソロ活動。
ちょっと不安でしたが、いろんな方に
声を掛けて頂き、ヒマな時間が無いくらい。

懇親会の後は、有志での飲み会。
いつもお世話になっている研究者&学会参加者組と、
兵庫県立人と自然の博物館学芸員・
池田忠広さん
率いる(?)学生さん組、
どちらに参加しようと迷いましたが、
今興味のある分野の研究をされている方が
いるという事で、学生さん組へ。

学生さんとはいえ、それぞれに専門の
研究対象を持ち、勉強されている方。
話を聞けば、面白いネタがどんどん出て来ます。

R0011993.jpg
飲み会会場の画像を撮り忘れたので、
飲み会終わって店の外に出て来た所。
学生さんから、ずっと年上の先生方まで、
いろんな年代の方と古生物という共通項で
お話させて頂けるのが学会の楽しい所でもあります。