:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

『ジャバウォッキー』届く

『ジャバウォッキー』最新刊が届きました、
作者ご本人から

R0011962.jpg
今回もイラスト&サイン入りです。ありがとうございます。
って、なんでジャンゴ? 
前回はD.Hだったし、直球勝負してこないのは流石(笑)。
そういや、初めてサインを頂いたとき、その頃は
まだ『ジャバ」』連載前だったんで、『グレイトフルデッド』
単行本にお願いしたんですが、何の躊躇いもなく
主人公の女の子キャラではなく、オヤジキャラを描き始めたとき、
「あぁ、こういう人なんだな」と、何故か腹を括らされる思いを
した事を思い出します。

『ジャバ』も5巻になると、登場した恐竜の種類も数多く
なって来まして、「恐竜って、こんなに使い勝手の良い
キャラクターだったんだな~」と驚きますが、そこは久さんの
手腕あってでしょうね。地味に散りばめられた古生物ネタとかも
普通の「恐竜好き」レベルじゃ無理ですし。
5巻p134の「まあ恐竜が言えたギリではないな」なんて、
良く出来た台詞だ。
でも、ちゃんと劇中で最低限の説明がされてるので、
恐竜好きでなくても十分に楽しめます。
その配慮も憎い。

ちょっと前、久さんにお会いした時に
「恐竜って言えば、代表のアレがまだ出て来てませんが、
 やっぱここぞという時用っすか?」と伺った所
「そうですね~。でも、なかなか使い方が難しくて。
 コレっていうのが思いつけば~」なんて仰られてましたが、
それがアレかよ!? まぁ、久さんらしいと言えばそうですが。
嗅覚敏感とか、押さえるとこはちゃんと押さえた設定だし。

ボチボチ、大ブレイクするんじゃね?
今、ガレキ化しとけばウハウハで家とか建っちゃうんじゃね?
とか考えちゃうんですがね~。
時間があれば造りたいんだけどな~、ジャンゴ。
、、、、、、、、ジャンゴじゃ家は建たんな。
あ、もし商品化の話等ありましたら、恐竜関係は
造りますので、是非宜しく。

連載当初は、「こんな無茶な設定で大丈夫なん?」と
心配もしましたが、今となってはそれも杞憂に。
例え久さんと知り合ってなくても、
新刊が出るのを楽しみに待っている作品に
なってましたね。
もし、まだ読んでない方がおられましたら、
恐竜好きとか関係なく面白いんで、是非!
ってか読め!

作品展中間報告

6/14、15は作品解説日のため、
会場のきしわだ自然資料館へ。
14日は沢山の知人・友人に来て頂き、
結構な賑わい
(恐竜同好会の皆さん、今後の活動頑張ってね)。
一方、15日は作品解説参加の方も
極少数で、ちょっとのんびり気分で解説していると、
corvoさんこと小田隆さん来襲。
何故か解説の言葉選びに慎重になる私とか。

08061802.jpg
会場


08061801.jpg
きしわだ自然資料館前館長の千地万造先生が、
この作品展のために大阪市立自然史博物館から
借りて来て下さった、竜脚類の後肢の化石。
やっぱり本物があるだけで、会場の雰囲気が
「模型の展示」から「古生物関連の展示」に
格が上がるような気がします。


今回、この作品展に京都大学の疋田努先生、
北海道大学総合博物館・小林快次先生から
推薦文を寄せて頂きました。
08061803.jpg
画像をクリックすると大きくなります。
正直、作品以上にじっくりとこのパネルを
読んで欲しいとも。御二方とも、私が作品で
注目して欲しいところや、造形での方向性を
ちゃんと判った上で推薦文を書いて
下さっているのが嬉しいのです。


会場に展示しているコティロリンクスを観た子供が、
「これって、これで終わり?」と聞いて来たそう。
恐らく、あのデザインのおかしさ、物足りなさを
そう表現したんでしょうが、子供ならではの
面白い台詞ですよね。確かに、あれじゃすっきり
終われない何かがある(笑)。

作品解説日はもうありませんが、作品展は
29日の午前中まで開催です(月曜休館)。
宜しくお願い致します。

リボも良いけど

それなりに忙しいのです。
なもんで、注文した物が届いても、特に資料として
必要でない限り開封せずに放置、なんて物も増えてきます。

と、いつまでも放っとく訳にもいかんので
開けましょう、遊びましょう。


08060501.jpg
インパクトモデル・グレンラガン・ウィング付き
基本的には、前作に羽根が付いただけ。
ただ、顔が新造形だったり、首に間接が増えてたりと
地味に調整はされてます。
リボルテック版の影に隠れるような存在に
なってますが、個人的にはこっちのほうが好み。
グレンラガンって、バリバリ闘ってる一瞬以外は
劇中でも意外に大人しいデザインで描かれてると
思うんです。で、このインパクトモデルのほうは
そっちの大人しいというか基本デザイン寄り。
リボルテックのアレンジはカッコ良いし、
動きまくるし、値段も安いしですが、
どうもあのツヤ有り塗装が安っぽくて
好きになれなかったり。
値段は倍以上しますが、商品としてそれに
見合うだけの質があります。
ま、無理に勧めませんけどね。

さて、もう一つ


08060502.jpg
グレートインパクトモデル・グレンラガン。
「リボのツヤ有り塗装が好きじゃない」と
言ったそばから何ですが、ピッカピカっす。
ツヤ有りやないねん、男のロマン・メタリックなんや!

08060503.jpg
デザイン的にはインパクトモデルと同じ方向性。
特にアレンジは入ってません。
大きさと、金属パーツからの重量感、
そして人間っぽい顔が柔王丸(アニメ版)を
彷彿とさせるのですよ

08060504.jpg
ドリルフル装備!、、、、、、、面倒だから
もうやんない。痛いし。

08060505.jpg
コアドリルも付いてるっすよ
(リボにも付いてるけどね)。
気持ちが凹んだ時はスピン・オン!

ネット上で画像もありますが、写真写りがちょっと
悪いんすよ。実物はもっとカッコイイです。
造りもシッカリしてるんで、安心して遊べます。
こっちも、値段分ちゃんと丁寧に仕事してる、って感じっすね。
ずっと見てても飽きないっていうか。

っていうか、このコンセプトでモーターヘッド造ってくれたら
良いのに!!、、、、、値段がとんでも無い事になるわな。

08060506.jpg
最後にグレンラガンチーム記念撮影。

作品展初日(&恐竜ラボオフ会)

5/31、恐竜ラボオフ会に参加して頂いた皆さん、
ありがとうございました。一般的な恐竜展・恐竜博とは
ひと味違う展示手法の恐竜ラボ(規模は大きくないものの
オススメの内容です)に、ある意味スリリングな
小田隆さんの講演(笑)と、楽しい一日でした。

6/1
きしわだ自然資料館での私の作品展初日。
08060101.jpg
08060103.jpg
この他に、作品制作工程を紹介したパネルも。


08060102.jpg
作品解説中(私は人影に隠れてますが)。
パソコン画像を使用した約40分間の講演の後、
作品展会場に移動して、作品を前にして解説。
資料館学芸員でマイミクさんでもあるちよのすけさんの
絶妙な合いの手もあり、恙無く終了。
今後は6/14、15の午後2時より
解説を行う予定です。