:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンフェス前日

バードカービングショップ「鳥の工房つばさ」へ。
去年伺った折に、その時に依頼されていた仕事に
ついて、いろいろとアドバイスを頂いたので、
その結果報告とお礼に。
ちょうとバードカービング教室の時間で、
生徒さんへの指導でお忙しい中、時間を
取ってくださり、鈴木勉さんとお話する事が
出来ました。
教室には10人以上の生徒さんがおられ、
皆さん真剣に製作中。工具・設備・材料・資料、
そして一流の指導者が揃った環境。
私も今回の依頼を受ける前に、ここでしばらく
勉強したかったなぁ、と。

夜は飲み会。
参加者は、私の親友で助監督やっているADIくんと、
RC GEAR・横山さん夫妻、マイミクの飛車さんと
たかさんの計6人。
え~と、何の話したっけ?、、、、、というくらい
くだらない話を延々と。

なんか、飛車さんと飲み会同席すると、
二人で自分のダメ要素の切り売りを
競ってるような気が。
まぁ、飛車さんのある意味、クリエイターとして
気合いの入った&腹の据わったダメっぷりには、
私ごときでは敵いませんが、そんなとこでも
負けると悔しいわ、、、。
スポンサーサイト

丹波竜発掘地見学

16日、corvoさんこと小田隆さんからの紹介で、
今話題の丹波竜発掘現場見学へ。
事前にサイトで最寄りの下滝駅から発掘現場までの
シャトルバスの時間を調べておけば、電車での
乗り換え等での時間もほとんどなく到着です。

駅前には
08021602.jpg
とか、

08021603.jpg
なんてものが。


一般見学場所より。
08021601.jpg


さて、今回はヘルメット&調査員の腕章着用の上、
発掘調査指揮の兵庫県立人と自然の博物館
三枝春生先生のご案内のもと、実際の発掘現場まで
降りて見学させて頂く事に。

発掘中、もちろん研究はまだまだこれから
という事で、画像も載せられませんし、見聞きした事も
一切書けませんので悪しからず。
といっても、別に極秘にされている訳でもなく、
見つかった部分は、ちゃんと新聞報道されてますので。
いや、まぁ、こんなスゴいもんが自分の家から
余裕で日帰り出来るところで見つかるなんてねぇ、、、、。

現場では、作業に参加されている丹波竜発見者の方に
お会い出来たり、研究者・学生さん方とも
いろいろとお話を伺う事が出来ました。

シャトルバスの時間の都合で、現場でおやつに
準備中だったお汁粉を食べ損なったのが心残り、、、。

ワンフェス・恐竜古生物イベント

●2/24のワンダーフェスティバルに参加します。
 ディーラー名は「エルステッド&Fragi-ragi」、
 卓番号はA22-13。
 基本的にエルステッドのブースに間借り状態なので、
 うっかりすると見落とします。
 新作は無いですが、制作途中の原型は展示出来るかも。


●3/2 きしわだ自然資料館にて
 講演会「日本のモササウルスと海のなかまたち」
 林原自然科学博物館の鈴木茂先生による講演です。

●3/1、2の2日間、
 ミュージアムパーク茨城自然博物館にて、
 「恐竜を組み立てよう!」が開催。
 実際に展示にも使われる骨格(レプリカ)を
 使ってのイベントです。きしわだの講演が無ければ
 無理してでも参加したかったんですけどね~。
 3/15からの同博物館での企画展「化石はたのしい!」
 には、私も少し関わっています。詳細はまた後日。

●3/15~6/29まで、大阪市立自然史博物館で
 「ようこそ恐竜ラボへ!」が開催。
 去年、名古屋等で行われた林原自然科学博物館の
 企画展の巡回ですね。林原所蔵の標本だけあって、
 展示予定の骨格はどれも質が高いものです。
 開催期間が長いので、オフ会出来そうですね。


ただいま、ブログのネタを繰ってる余裕が無いんで、
しばらく更新の頻度が下がりますがご容赦を。

日本古生物学会 in 宇都宮 その3

朝、起きて外を見たら雪で真っ白。

この日の会場である栃木県立博物館への
バスの中では、林原・古生物学研究センター
實好玄貴先生から今学会のポスターセッションで発表された、
プロトケラトプスの営巣地の研究について伺う事が出来ました。
会場だけでなく、こういうチャンスに研究者の方から
じっくりマンツーマンで解説が聞けるのも学会参加
ならではの楽しみです。

バス下車後は、同じバスだった
女子学生さんコンビも合流。
その学生さんの一人が、ハドロサウルスの首から背中への
ラインの美しさを語るのを聴きつつ、博物館へ。
同じ事を男が語ると濃いマニアにしか
見えないのに、女性が語ると品の良い話に
聞こえるのは何故なんだろう。

08020501.jpg
博物館のある中央公園入り口付近。


この日は、一般講演&記念講演。
もちろん、博物館見学も。

08020502.jpg
地質コーナーはそれほど広くないですね。


08020503.jpg
守亜「関八州っすよ!」
私 「御用旅っすよ!」
守亜「西郷輝彦っすよ!!」


一般講演の後は、毎回恒例の博物館食堂で食事をしつつ
仕事の打ち合わせ。面白いネタをいろいろと造らせて頂けそうです。

以上で今回の学会参加は終了。


今回も、大変多くの方にお世話になりました。
特に今回はいつにもまして、若手研究者・学生さんと
話をする事が多く、楽しかったです。
学会でお会いする学生さん達は皆さん、明るくて
社交的で、礼儀正しくて、真面目。
彼らを見ていると「今時の若いモンは」なんて台詞、
説得力ないですね。彼らが活躍できる場所が日本にも世界にも
もっと増えて欲しいと思います。
皆さん、エラくなってね
、、、、、で、復元模型ご入用の時は是非こちらへ(笑)。

次回の古生物学会は7/4~6、仙台・東北大学。
餃子の次は牛タンだ!

日本古生物学会 in 宇都宮 その2

古生物学会 2日目

この日は、一般講演とポスターセッション。

このブログのコメントでは常連さんの
A.E.Gさんと合流。
その昔、荒木一成さんの模型雑誌での
恐竜造形連載記事で読者投稿特集が
定期的に行われていて、私とA.E.Gさんも作品を
投稿していました。それ以来、お互いの存在は知っていて、
またネットを始めてからは頻繁に連絡を取り合うように
なっていたのですが、直接お会いするのは今回が初めて。
作品を投稿していた頃はお互いまだ高校生だったので、
あれから17年。ついに対面で感無量です。

でも、30分もすれば、以前からの知り合いの
ようにボケツッコミしてたり。

昼食のため、生協食堂に行くと
午前中にウタツサウルス(歌津魚竜)の復元に
関する発表をされた相原大介さん(北海道大学)を発見。
図々しく同席させて頂き、ウタツサウルスについて
いろいろと。また、その場には同じく北大の院生で
今回の学会で首長竜に関する発表をされる
望月直さんも。望月さんは以前からネットで
交流があったものの、初対面。
こちらからも首長竜の話を伺い、
海棲爬虫類漬けのお昼休み。

08020301.jpg
ポスターセッション会場風景。

会場休憩室には、お茶・コーヒーなどが
用意されていますが、取り違え&無駄使いしないように
との配慮から、各自紙コップに名前を書いておくルール。
という事で、
08020302.jpg
三葉虫描いたり、

08020303.jpg

何か得体のしれないイラストがあったり
(どっちも連れやん)。


この日の発表も終わり、
毎回恒例・恐竜倶楽部会報編集長セッティングの飲み会。
毎回、指定されたお店に行くまで
どんな方が参加されているか判らない
福袋的な集まりです。

で、やっぱり餃子でしょう!
08020304.jpg



08020305.jpg

最初の挨拶は、長谷川善和先生!
といっても、決して堅苦しい集まりではなく、
参加者も研究者の方から、学生、私たちの
ような素人まで多種多様で賑やか。


という事で、明日は最終日。

日本古生物学会 in 宇都宮 その1

学会初日はシンポジウム&懇親会。
シンポジウムでは、佐藤たまき先生の
首長竜についての講演、甲能直樹先生の
アシカ科鰭脚類についての講演がお目当て。
佐藤たまき先生は、ピー助ことフタバスズキリュウの
記載論文を執筆され、
正式な学名フタバサウルス・スズキイを命名された方。

で、懇親会。
0802012.jpg

宇都宮大学の生協が会場。
生協でパーティーってのも、なかなか良いもんです。

今回の懇親会で初めてお会いした、
佐野市葛生化石館の学芸員さんといろいろと。
「イノストランケビア造ったんですけど、資料で
 やっぱり苦労しまして。全身骨格の画像で良いのが無くて、、」
「あの、イノストランケビア、ウチの化石館に
 全身骨格あるんですけど、、、、、」
「(絶句)いや、まさか日本に全身骨格があるとは
 思ってもみなかったんですが、、、、」

懇親会終了後は、宇都宮駅前にて2次会。

08020205.jpg
やっぱ餃子でしょ!
本当にびっくりするくらい餃子屋だらけです。

08020206.jpg
大学教授、学芸員、学生さん、化石ハンター、造形屋、
大手恐竜サイト管理人等等。


08020207.jpg
またもや!
横山さん、高桑祐司先生(群馬県立自然史博物館)


08020208.jpg
「トリケラが餃子食べてるよ!」
高桑先生、人の作品で遊ばんといて下さい、、、、。


08020209.jpg
いや、食べましたけどね。

で、1日目終了。

To Utunomiya

略して T.UTU。これにT.KOMUROとN.KINEを
揃えると、フィールドにTMNを
特殊融合召喚が可能だぜ!


まずは新幹線で東京へ。
画像は撮ってませんが、今日の富士山は
晴天にも恵まれて本当に綺麗。
今まで見た富士山の中では、
『怪獣総進撃』の時の次くらいでしたね。
どれほど綺麗だったかが伝わるでしょうか?

東京駅でRC GEAR・横山さんと合流、
東北新幹線で宇都宮へ。

08211.jpg

MAXっすよ!
今を遡る事、まだ豊臣秀吉が木下藤吉郎だった
約十数年前、友人と東京に遊びにいった時の事。
それまで電車になぞ興味を持っているような素振りを
見せた事がなかった友人が、東京駅に着くなり
「ああ! MAXや、MAXやでぇ!」と異常なテンションに。
それ以来、私にとってのMAXは、普段冷静な人間さえ惑わせる
魔性の乗り物。そんな危険なモノに乗る羽目になるとは!

約50分の、それはそれはMAXな時間を過ごし宇都宮着。
宇都宮といえば、戦国時代、餃子を商っていた
「餃子衆」と呼ばれる一団が、その財力をもって
戦乱から街を自主的に守り、大名が統治しない
自治都市として存在。その伝統を受け継ぎ、今でも
街中に餃子屋があるのです、、、、、、ウソ


と言う事で、古生物学会会場の宇都宮大学へ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。