:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

日本古生物学会in 大阪市立大学 その2

6/30
まずは、我が家に泊まっていて、
私とは別室で寝ているcorvoさん、たかさんの
両氏をどうやって起すかを思案。
私の部屋のドアを開けっ放しにして、
youtubeで見つけた「哀・戦士」を大音量で
再生したところ、御二人とも敏感に反応、
ばっちり起きてきました。
グッジョブ! corvoさん・たかさん&俺。

この日の目玉は何と言っても丹波竜の発表。
テレビカメラも数台入るという事で、
立ち見も覚悟かと思いましたが、
それほどの混雑も無く、いつもの学会発表より
ちょっと聴講者多めかな、とう言う感じ。
丹波竜は、これからのさらなる研究に期待が
出来そうな様子。頭骨の一部が出ただけでも
スゴいですが、やはり残りの部分も出て欲しいところ。
っていうか、出たらさらに大変な事になりそうですが。

ポスターセッションでは、
京大・霊長類研・荻野さんによるイタチ上科化石についての発表、
東大・久保さんのワニの足跡についての発表、
オタワでお会いした東大・冨田さんによるサメの歯に
ついての発表が興味深く、また発表者の皆さんからも
お話を伺う事が出来ました。

会場では、現在大学で古生物学・地質学を学んでいる学生さんと
お会いする機会が多かったのですが、皆さん明るくて
かつ非常に礼儀正しいのが印象的でした。

発表終了後は食事会>二次会。
食事会では、学生さん、若手研究者を中心とした
テーブルに同席させて頂いた事もあって、
前日の飲み会よりはくだけたモードで色々雑談。

次の日も、学会の講演はあるのですが、
私の学会参加はこの日まで。
次回の学会は
2008.02.01~03 宇都宮大学・栃木県立博物館 
だそうです。私も出来る限り参加したいと思っています。
今回の学会も、多くの方にお世話になりました。
ありがとうございました。

作品展 その1に続きます。

日本古生物学会in大阪市立大学 その1

ちょっと遡って6/29。
この日は、午後6時からの懇親会に参加。
懇親会参加の前に、会場で今回丹波竜の発表をされる
三枝先生を発見。思い切って話しかけると、
お忙しいにも関わらず、結構な時間お話させて
頂く事が出来ました。三枝先生の御専門である
絶滅ゾウについていろいろと伺えて、
私のデイノテリウムへの指摘も幾つか。
慣れない絶滅哺乳類造形、しかもゾウという事で
手探り状態での製作の作品だったので、専門家から
指摘して頂いたのは、非常に勉強になりました。
作品に間違いがあっても、それは次に活かす事にして
完成した作品を修正する事は基本的にはしないのですが、
デイノテリウムについては、今回の指摘を元に
ちょっと修正してみたいな。

懇親会は立食パーティー。
ここでcorvoさんSHINZENさんの、造形・イラストチーム集合。
といっても、それぞれに顔馴染みの研究者の方が
微妙に違うので、会場では別行動の時間が
結構長かったり。

2次会は天王寺の居酒屋。
御名前は挙げませんが、
日本古生物界のそうそうたる面々と
御同席させて頂く事に。気持的にはずっと正座状態。
といっても研究者の皆さん、気さくで、私のような
人間にも非常に気を使われるような方ばかりなので、
決して堅苦しい飲み会ではありません。
楽しく、かつ勉強になる時間でした。

続きます。