:ふらぎ雑記帳 <恐竜・古生物模型作品ギャラリー・ブログ>

忘年会

去年に続き、今年も参加。
今回も誘って貰えるのかと、
M-1決勝進出組発表を待つ芸人のように
ドキドキして待ってましたが、
無事お声を掛けて頂きました。良かった~。

参加者は、荒木一成さん速水仁司さん、銀さん、嶋田さん
(ここまではこの忘年会の元々のメンバー)、
で今回2度目の参加の私にSHINZENさん、さらに初参加の
G-tempest・渡辺さんネコワークス・井上さんの計8人。

井上さんとは、随分以前からお互いのキットを
買い合ったりと面識はあったんですが、ワンフェス会場以外で
ゆっくり話をするのは初めて。
ちょうど古代ザメを造っている最中だったので、
サメに詳しい井上さんに色々相談。
また、前回の記事で紹介したZillaのキットを
仮組した物を皆さんに見て貰った所、
速水さんからシッポの流れ、構成を褒めていただきました。
速水さんといえば、カッコイイポーズ・空間構成に関しては
造形業界のトップの技量の持ち主。
さらに、私にとっては子供の頃から憧れていた
原型師でもある訳で、そんな方に例え作品の一部でも
評価されるというのは、嬉しいどころか、
ちょっと泣きそうになったよ、マジで。

そして、荒木さんからは、怪獣作品を見せた時は恒例の
「怪獣に専念して、恐竜は止めちゃえ」という
励ましの言葉を頂きました(笑)。
これを聞かないと、なんかちょっと落ち着かない。

銀さん、嶋田さんは何かと気を使って頂き、
それでこの忘年会は私のような新参者でも
本当に居心地が良いんですよね。
来年もこの忘年会に堂々と参加出来るように頑張らないと!

マグロ喰ってて何が悪い!

久々に原型担当した
キャラクター物ガレージキットです。

US-G0010001.jpg
「大怪獣Zilla」(G-tempest)>商品詳細
Zillaという事になってますが、アメリカ合衆国に
現れた個体と同じと考えて貰って良いです。

以前造ったコイツは、私が原型師になる
キッカケになった作品。
今の技術で、もう一度造りたいと思いつつも
なかなかその機会が無かったのです。
お誘い頂いたG-tempest・渡辺さんには感謝。

久々の怪獣ガレージキットの原型という事と、
恐竜に比べ造り込まなければならない要素が
多いデザインで大変でしたが、でも造ってて楽しかったですね。

GodzillaからGodが抜けてZilla、
堕天使っぽくてカッコイイし。

ナースが来た

ナースといっても宇宙竜じゃなく、看護婦さんのほう。


雑誌での紹介や、devi2kさんのサイトを見ていて
気になりつつも購入する機会を逃していた、
はるばるどーるの看護婦さんフィギュア、
在庫発見によるキットの通販再受付の告知があったので
買っちゃいました。

IMGP35770001.jpg

とりあえず仮組み。
少しの調整で自立します。
ベースは着色済み。樹脂石膏という素材で
複製されているので、手に持つとひんやりしていて、
病院・研究室の雰囲気。
この画像では、左右の看護婦さんの右腕を
指定とは逆にしてみています。


IMGP35890001.jpg
こちらは指定どおり。
眼と唇にはコピック&ピグマで簡易に
色をつけました。


ところで、前述のdevi2kさん、ウチの恐竜キットの
お客さんでもあるんですが(ついでにクラフトワーク仲間でも)、
イベントでの購入品の報告を見ていると、
どうも趣味が似通ったところがあるようで
「あ、それオレも欲しいかも」な品が多い。
特に、ここで紹介のプロフェット5&オデッセイ
に関しては、その後イベントで販売されていない事もあって、
羨ましいを通りこして憎いとさえ!
いいな~~~欲しい~~~!

竜の巣

こういう事情により、荒木一成さんのアトリエにお邪魔する事に。
到着すると、すでに撮影作業中。
当然アトリエ内はこんな状況で、
IMGP3604.jpg

「竜の巣? これが、、、、!」

画像は準備された作品の一部(余計なのが1つ混ざってますが)。
荒木さんも「流石にこんな数(60体)の作品、
一度に並べた事ないな~」
私の役目は、荒木さんの作品の中にも無かった
種類の穴埋めのための作品協力なんですが、
ほんの数点のみの参加なんで、出番は少しだけ。
当然待ち時間が長い訳ですが、その時間は
荒木さんのコメントと共に膨大な数の作品を
好きなだけ見れるという貴重な機会だったり。


IMGP3602.jpg
ティラノ「アノ肉喰ってる娘、カワイクね?」
スピノ「うわ、マジでイイじゃん」
プロトケラ「!?(こいつら趣味悪っ、、)」
(左から、ティラノサウルス・スピノサウルス・プロトケラトプス。
 ちなみに作品の縮尺はバラバラですので。念のため)


撮影終了後は、作品を梱包する荒木さんを手伝いもせず
(だって作品触るの怖いし)、ただダラダラと喋っていたんですが、
荒木さんと2人で長時間話した事って
今まで無かったんで、これまた貴重な時間でありました。


荒木さんによる造形教室の告知を>詳細
この2日間は私とSHINZENさん
荒木さんのアシスタントとして参加する事になっています。
すでに募集定員を満たした回もあるようなので、
ご希望の方は申し込みを急がれたほうが良いかも。

マチカネワニ・シンポジウム その2

2日目
この日は、現生・化石種のワニの骨格を
スケッチして、それをマチカネワニの骨格と
比較・検討してみよう、という内容。
講師は小林快次先生と桂嘉志浩先生。
この御二人の専門家を迎えて、約20人の参加者で2時間の
ワークショップって結構贅沢な事ではないかと。

スケッチ開始前に、小林先生より
「人間は物を見てるようで見ていない。 
 今回、骨をスケッチして貰う事で
 骨についての理解が格段に深まり、
 これから博物館で骨格を見る時に、
 観察の仕方が随分変わるはずです」
という主旨の事を言われたのですが、実際その通り。
スケッチ中や終了後の小林・桂両先生の解説の時には、
これまでおよそ骨の知識がそれほど無かったであろう
参加者の方からするどい質問が出ていました。


マチカネワニと同種と考えられていた
キシワダワニの復元模型を、
標本を所蔵するきしわだ自然資料館の皆さん
話を伺いながら製作していたのですが、
今回の小林先生の論文&講演で、マチカネワニの復元が
大きく変わる可能性が示唆されたため、
マチカネワニとキシワダワニの関係の再検証も含め、
振り出しに戻った状態に。
つい先日完成した模型もボツとなりそうな訳ですが、
これこそが古生物復元の醍醐味かも知れません。
新発見や学説で生物の姿がどんどん変わるのは、
古生物ならではの楽しさです。
キシワダワニの模型を小林先生に見て頂いた所、
マチカネワニの特徴を絵を描きながら
丁寧に説明して頂いたので、
これはもう一度最初から造らなければ、と。


桂先生の所属される岐阜県博物館のサイト
恐竜の骨格標本が結構充実しています>所蔵標本リストより。
機会があれば是非行ってみたいですね。

マチカネワニ・シンポジウム

マチカネワニ・シンポジウム
1日目
初日は各分野の研究者による講演。
どの先生の話も、非常に分かりやすく、
内容も興味深いものばかり。
また、先生方の話の展開や纏め方に無駄が無く、
この手の講演としては珍しく、スケジュールよりも
若干早く進みました。
そのため、質問時間も結構しっかりとあり、
また最後には、来年新設される大阪大学総合博物館に
展示されるマチカネワニ復元図の草案を
見ながらのディスカッションの時間があったため、
かなり充実した質疑応答が参加者と研究者の間で
行われました。

今回のシンポジウムでは、マチカネワニそのもの
だけの研究についての発表だけではなく、
百原先生による、マチカネワニが棲息していた頃
の植生についての講演、
冨田先生によるマチカネワニと同時代の
哺乳類についての講演と、マチカネワニを取り巻く環境まで
含んだ内容だった事が良かったですね。
桂先生の、マチカネワニの骨格に残る
傷跡からの生態の類推も、先生の話術の巧みさもあり、
非常に面白い(御本人によると、大阪での講演という事で、
笑いの要素を意識して講演内容を組み立てたとの事)。
最後のディスカッションでは、参加者からの
質問に、先生同士でさらにそれを発展させながら
答えを導き出されて行く所に、古生物学の面白さを実感ました。

2日目については、次回

『ギルギル×エニグマ』

12/3 夜
大阪・西大橋駅すぐのショットバー・エニグマにて
行われるGILLGILLプロデュース作品展の準備に。

展示される作品はGILLGILLから
スライドして来たものが多いとはいえ、
結構贅沢な面子&作品が揃ってます。
有名どころだと(敬称略)
WSC受賞者・LONGLONG渡辺結樹(G-tempest)石長櫻子
今年の冬のワンフェスで行われた
ガメラ・モールディング・コンテスト・上位三人
(展示作品はコンテスト出品作では無いですが)、
立体イラストのいいおみきお
(展示作品のドラゴンがカワイイ&カッコイイ)、
荒木一成さんのシーラカンスも。

そんな中に私も混ぜて貰ってます.
私一人だけ、一日遅れて搬入だったんですが
(というか、搬入日をすっかり忘れて神戸に遊びに行ってた)、
御陰で準備終了後は、マスターとゆっくり話を。

店内の様子
MGP3572.jpg

MGP3570.jpg


という事で、心斎橋・堀江あたりで夜遊びされる時は、
是非エニグマにもお立寄下さい。

展示期間中にエニグマでオフ会する、って言ったら誰か来ます?